ついに友達が、サンフランシスコにやってきた!

サンフランシスコ

2009年4月24日

 

つ、ついに、この日がやってきた(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そう、今日は、たく&ぶー家初となる、日本の友達をお招きする日なのだΣ(゚Д゚;エーッ!

タイヘンダァ!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ タイヘンダァ!!

んで、遊びに来てくれるのは、ぶーの大学時代の友達、MちゃんとKちゃん。この二人を迎えるべく、ぶーは、旅行会社気取りで(といっても、前職は旅行会社だったけど)、旅程表を作って送ったり、部屋(水廻り中心)を掃除したり、さらにはトイレの使い方について夫婦間意識あわせ(笑)をしたりと、何やら楽しそうに準備作業に勤しんでた。

正直、この直前、出張がたて続いた関係で何週間もぶーを放置してたんで、ぶーが家に引篭もってうつ病にでもなったらどうしよう・・・、とかって心配してたけども、この準備作業のおかげもあってか、何の問題もなくこの日を迎えることが出来た。ほんと、遊びに来てくれた二人には感謝すぎですよ。

あ、そうそう、ぶーとの人望の差だろうけど、自分の友達には、アメリカに遊びに来てくれるそぶりなんて、まったく感じられなかったりする。もう2年半近くアメリカにいるっていうのに・・・(涙)

 

というわけで、二人と合流すべく、サンフランシスコ空港の到着ロビーにてスタンバイ。

久しぶりに友達に会うせいか、妙にそわそわしている、ぶー。

そして、自分は自分で、いつ以来ぶりかもわかんないくらい久しぶりに、二十代前半と言う若い女の子(それも二人も!)と、しばらく一緒に旅行したりするのかぁ・・・、とかって思うと、なんだか激しく緊張してきたりする・・・、苦笑。

んで、夫婦揃って落ち着きなく到着ロビーで待つこと十数分で、無事、二人と合流♪

と同時に、それまでの、甘えん坊ぶーから、Mちゃん&Kちゃんの友達ぶーへと変身スイッチが入ったようで、とたん、旦那に対する態度が若干強気になった、ぶーの変化に苦笑しつつ、さっそく車にて、最初の目的地サンフランシスコへと向かった。

我が家周辺や空港近辺は、どんよりとした曇り空で、結構残念なお天気だったけど、強力な晴れ女でもいるのか、風は強くて寒いものの、ここサンフランシスコは、雲ひとつ無い青空に包まれていた(驚)

サンフランシスコ

サンフランシスコ

(写真上)サンフランシスコ名物ケーブルカーに乗ってもらおうと、ターンテーブルのある、ケーブルカーの始発点付近にぶーと、Mちゃん&Kちゃんを降ろし、おじさん約1名(自分のこと、涙)は、3人の到着を待つべく、一足先に終点フィッシャーマンズワーフに向かって車を駐車、マックでコーヒーをすする(華やかな女子3人組と比べると、妙に寂し気)。

サンフランシスコ

ま、それはさておき、海に囲まれた、坂の多い風光明媚な美しい町、

サンフランシスコ

ここサンフランシスコを堪能するには、ケーブルカーが一番ってことで、Mちゃん&Kちゃんもさぞかし楽しんでくれたことだろう。

あ、ちなみに、今回は、自分が舞台裏に回ってる場合が多いんで(数日後のラスベガス旅行とかはお留守番だし・・・)、今回の日記では、ちょろちょろと、昔撮った写真だったり、ぶーやMちゃんが撮ってくれた写真なんかも織り交ぜたりしてます、一応。

で、おそらく、サンフランシスコで1、2を争うであろう観光地、

サンフランシスコ

フィッシャーマンズワーフにて再び合流ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

ちなみに、写真上はなかなか良い写真が撮れたわけだけども、実は激しく寒くて、皆、死にそうだったりする・・・。寒さは写真に写らないからね・・・(;¬∀¬)ハハハ…

サンフランシスコ

(写真上)フィッシャーマンズワーフ名物、魚介類屋台で食べる茹で蟹とクラムチャウダー♪( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

にしても、やっぱり女子が3人もいると、なんとなく、いつもアメリカ人から受けてる対応(仕打ち)と違って、今日はなんだか全ての対応がマイルドで優しい感じがする、苦笑(←被害妄想)

でもってその後は、これこそまさにサンフランシスコ屈指の見所、

サンフランシスコ

ゴールデンゲート・ブリッジへヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

もうかれこれ、10回くらいは見たと思うけど、こういう晴天下で観るゴールデンゲート・ブリッジは、いつ見ても良いよね。ほんと、Mちゃん&Kちゃんを、晴れの日に連れてくることができてよかったよ(◕‿◕✿)(u‿u✿)ウンウン

サンフランシスコ

サンフランシスコ

(写真上)ゴールデンゲート・ブリッジから望む、サンフランシスコの街並み(左)と、かつての刑務所「アルカトラズ島」(右)

そして、

サンフランシスコ

世界一曲がりくねった坂「ロンバートストリート」(ここは、色とりどりの花が咲き乱れて綺麗になる、夏が一番のオススメヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ )だったり、

サンフランシスコ

ヴィクトリア調建築と近代的なサンフランシスコ・ダウンタウンの街並みがミスマッチが美しい(?)、絵葉書とかにも頻出の「アラモ・スクエア」を散策♪

そんなこんなで、

゜+.(・∀・).+゜ 「(たく)Mちゃん、Kちゃん、次、どっか行きたい場所ある?」

(*-゛-) う゛~ん「(Mちゃん&Kちゃん)もう、ガイドブックとかに載ってるような、メジャーな見所はほぼ行ききったよね・・・」

ってな感じで、早くも行き詰まり状態になってきたので(まぁ、サンフランシスコは小さい町だし)、最後に、サンフランシスコを一望できる丘、

サンフランシスコ

ツインピークスを訪ねて、サンフランシスコ観光終了。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚(写真上)

あ、ちなみに、ここのトイレは特殊なのでご注意を!!!それまでトイレを結構我慢してたらしい、MちゃんもKちゃんも、ここで十数分、苦戦してたし( ´,_ゝ`)プッ

(用を足した後、自分で水を流すことは出来なくって、用を足したっ放し便器に後ろ髪ひかれつつ、一旦外に出ないければいけなかったりする( ゚д゚)ポカーン
→外に出ると、自動で便所の扉がゆっくり閉まり、中の清掃がはじまるので、それが終わり次第次の人が使用できるっていう、意味不明な仕組み('▽'*) ・・・ァハハ

でもって、あとは我が家のあるサンタクララに向かって帰りがてら、自分的にはサウスベイ一の見所と信じて疑わない、

スタンフォード大学

スタンフォード大学

スタンフォード大学へ≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーース!!!

で、何故にここが見所かっていうと、一面芝で覆われた広大なキャンパスはもちろんだけれども、それよりなにより、大学構内にある、

スタンフォード大学

メモリアル・チャーチ(礼拝堂)!!

が超良いd(*ゝω・*)good

礼拝堂正面のモザイク画もお見事だし、内装なんてさらに、

スタンフォード大学

こ、これが大学の一資産の内装なの!?Σ(゚ロ゚屮)屮ぉお!!

って感じの、その辺のたいした見所も無いような国にあったら、国宝級の扱いを受けるんで無いの???ってくらい、きめ細やかな渾身の仕上げ(◕‿◕✿)(u‿u✿)ウンウン

ちなみに、この日は、卒業生の結婚式リハーサルのため(もちろん、大学関係以外、ここで挙式をあげることはできない、涙)、礼拝堂奥まではいけなかったけども、そのおかげで、人柄の良さそうな、京都からこられたご夫婦とお話しすることができた。

どうやら、このご夫婦、京都にて、もう何十年も前から、スタンフォードやらアイビーリーグやらから来た優秀な留学生のお世話をしてきたらしい。

その縁あって、今回、昔受け入れた留学生の二人がたまたまここスタンフォードとニューヨークで結婚式を挙げるということで、お呼ばれされたんだって。すごいよねぇ、それだけ、このご夫婦が、彼ら彼女らにとって大きな存在だったってことだもんねぇ。

というわけで、最後は、スタンフォード近くの割と雰囲気の良いステーキハウス、

スタンフォード大学

スタンフォード大学

Sundance The Steakhouseで締め( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

女子には大きすぎたであろうプライムリブを喰らい(いや、押し込み)、ようやく、Mちゃん&Kちゃんの長い長い4月24日が終了♪

(おまけ)

サンフランシスコ

Mちゃん&Kちゃんからいただいたお土産の品々。袋に伊勢丹とか書いてるし・・・、自分じゃ絶対恐れ多くて買えないよ・・・。「だし屋のたまごかけご飯のたれ」とかつってあまりに用途限定的な高級醤油が、いかにも良質な高級日本食材っぽくて、たまごかけご飯するのが特に楽しみすぎる(。→ˇܫˇ←。)ププッ

感謝゜+.(・∀・).+゜

それと、この翌日から、Mちゃん&Kちゃんたちと訪れたヨセミテ国立公園での思い出はこちらから↓

ヨセミテ国立公園
優雅すぎる、ヨセミテ国立公園での週末①

2009年4月25日   昨日、アメリカ到着早々、サンフランシスコ・ベイエリア中を連れまわされまくった挙句、我 ...

ヨセミテ国立公園
優雅すぎる、ヨセミテ国立公園での週末②

2009年4月26日   |!lil!|(lll´+д+)っ【寒かったっス…。】|!lil!| ってことで、昨 ...