最優先課題は南米制覇でしょ!

2021-10-26

ガラパゴス諸島

2007年5月4日昼

 

パタゴニアの大氷河を目の当たりにし、はちきれんばかりの感動を胸に、アルゼンチンはエルカラファテからブエノスアイレス&ダラス経由で地元サンノゼへ帰る機内で、

僕は考えていた・・・

今、幸いにして、アメリカに駐在中であり、地理的にも(仕事的にも、って書いたら怒られるのか?)、南北アメリカにアクセスしやすい環境にいる(*・ω・)(。。*)ぅん

個人的な予想では、最悪のケースの場合、アメリカに駐在できる期間は2年半から3年だ( *´ノд`)コショショ

日本に帰ってしまえば、再び南北アメリカ(特に中南米)の地を踏むのは相当困難を極めるものと考えられる(。-`ω-)ンー
(といっても、昨年は日本で3週間以上休んで南米旅行を敢行したけど・・・)

なので、この2年半から3年の間に、南北アメリカのめぼしい場所を制覇しなければならないのだ(って義務じゃないけど・・・)アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

もちろん南米が最優先だ。初年度が南米、二年目はアメリカ国立公園制覇(めぼしいとこ)&カリブ海クルーズ、三年目の早い時期までにケニア・タンザニア旅行を実現したい(っていつのまにかアフリカまで入ってるし、笑)、これが当面の目標。:゜(;´∩`;)゜:。

ちなみに、最優先課題の南米でどうしても行っときたいところといえば(南極は除く)、

レンソイス → 済
エンジェルフォール → 済
マチュピチュ → 済
クスコ → 済
イグアスの滝 → 済
アマゾン川(マナウス) → 済
リオデジャネイロ → 済
ロス・グラシアレス → 済
ウユニ塩湖(雨季) → 未
イースター島 → 未
ガラパゴス諸島 → 未

ってな感じ。地味にあと3箇所・・・

ウユニ塩湖は雨季こそ、そのすばらしさを堪能できるとのことなので、次の年末年始に決定。イースター島については、いつか結婚するときに、タヒチ島で海外挙式&ハネムーンでイースター島と目論んでいる。

そうなると、必然的に次の夏休みは・・・

ガラパゴス諸島で種の起源に触れる旅゜+.(・∀・).+゜

になるわけなのだ。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

幸いにも、ガラパゴス諸島のあるエクアドルへは、アメリカン航空でいうオフピーク(9月末まで)だと、北米からたったの3万マイルで往復可能v(。・ω・。)ィェィ♪

しかも、うちの会社は夏休み5日間を7月~9月の好きな日でとってよいので、7月~9月であれば、有給0日、3万マイルで旅立てるわけなのだヽ(゚∀゚ )ノ

となると、社会人になりたてのぶーの状況を勘案し、9月下旬に出発することに決定!

そんなこんなで、異常なほどに長い前置きなうえに、あまりに唐突ですが、

旅行記、「種の起源に触れる旅!ガラパゴス諸島でクルーズを!」

はじまりはじまり~ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

 

で、

2007年9月21日夜(←って、さらに唐突っ∑(゜д゜υ) )

 

ガラパゴス諸島出発、4時間半前の午後8時・・・

僕はサンノゼの居酒屋にいたo口(・∀・ ) ゴクゴク

サンフランシスコ・ベイエリア在住の同年代日本人の集まりだ。

って、出発直前に飲み会だなんて初めてだわ(´-ω-`;)ゞポリポリ

盛り上がりすぎて飛行機乗り過ごしたらどうするつもりなんだべ('▽'*) ・・・ァハハ

ガラパゴス諸島

なんて、思いつつも、しっかりとあらかじめ予約していたサンフランシスコ空港までのシャトルバスに乗り込んだ。やればできる子だね。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

いよいよ出発だ!

が、

その直後、下半身の様子がなにやらおかしい・・・

急に、びっくりするくらいの尿気に襲われたΣ(゜Д゜lll)エッ!?

ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ 「(たく)まじでやべぇ!運転手さん、空港まであとどれくらい?」

(。-`ω-)ンー「(運転手)うーん、あと30分ってとこだな」

ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ 「(たく)まじか!やべぇよ!近くにトイレないですか???」

(。-`ω-)ンー「(運転手)お、トイレか?でも近くにトイレはないなぁ。わかった、次の乗客を拾ったときに、家のトイレを貸してもらえるよう頼んでやるよ」

ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ 「(たく)お願いしますぅー」

 

10分後・・・

 

ふーヾ(´▽`*;)ゝ"

 

いい歳してお漏らししちゃった!なんていう最悪のハプニングはなんとか回避できた・・・

ってヾ(・ω・o) ォィォィ

びっくりするくらい、ガラパゴス諸島旅行記からそれちまってるじゃねぇか・・・

というわけで、

ガラパゴス諸島

ガラパゴス諸島

夜中のサンフランシスコ空港到着(写真左)。地味にサンフランから国内線に乗るの初めてだったけど、国内線ターミナルってやっぱり寂しいね・・・



で、

2007年9月22日深夜12時半

レッドアイ便(夜行便)に乗り込み(写真右)、早朝ダラスで乗換えた後、

ガラパゴス諸島

ガラパゴス諸島

お昼頃、マイアミ国際空港に到着(写真左)

実は、今回の旅では、たく&ぶー初の途中合流を予定していて、ここマイアミ空港でぶーを待つことになっていたのだ。ぶーもいい歳だし、旅行会社に就職したんだから、1人で成田→ダラス→マイアミまで来れるだろうとは思いつつも、やっぱりいろいろ心配になってしまう・・・

なにしろ、たく&ぶーにとって(いや、特に自分自身にとって)、南米は鬼門だからな。

これまで、南米で、何度、フライトキャンセルやらストやらに泣かされて来たことか・・・

が、とりあえず、マイアミ→グアヤキル(エクアドル)は予定通りちゃんと飛んでくれるらしいことがわかり一安心(写真右)

ガラパゴス諸島

でもって、さらにぶーとも無事に合流成功。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

ガラパゴス諸島

ガラパゴス諸島

まじで、随分と順調じゃないか、今回の旅は????

ここで運使いすぎて、グアヤキルからガラパゴス諸島に行けない!ってことないよね??

などと、過去の南米旅行のトラウマのせいか、いたって普通の出来事しか起きてないのに妙にびっくりしてしまう始末・・・(A;´・ω・)フキフキ

 

でもって、およそ4時間半後・・・

無事、エクアドル最大の都市、グアヤキル到着(ちなみに、エクアドルの首都はキト)。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

ガラパゴス諸島

毎度毎度思うけど、空港のバゲージクレームを出た直後に出会うこういう光景(写真上)って、旅情を誘うよねぇ、ほんっと+.d(・∀・*)♪゚+.゚

いつもは、こんなところで立ち止まってカメラ出すなんて恥ずかしくてできなかったけど(それに、金目の物を見せびらかすみたいで、ちょっと危険だしね)、今回は至って自然にカメラでパチリ成功っ!なかなか良い写真がとれたね♪゜+.(・∀・).+゜

でもって、今回の旅行は、キトにオフィスを構える日系旅行会社のサロンゴ・キトさんを利用して(スタッフの方が超親切!オススメの旅行会社!)、

ガラパゴス諸島のクルーズ(船上3泊の4泊5日ツアー)
グアヤキル-ガラパゴス諸島間の往復国内線チケット
グアヤキルでのホテル(到着日、出発日の2泊分)
初日のグアヤキル空港-ホテル間送迎(チケット類受け渡しのため)

を手配してたんで、空港には、そのサロンゴさん手配してくれたウィリアムとやらが僕らを待ち構えてくれていた。

いよいよ、エクアドル、っていうか、鬼門「南米」に到着したよ・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

今回こそは問題なく旅行できるのだろうか・・・

 

3度目の正直・・・

 

つづく