はじめての一人旅は、ヨーロッパ周遊の旅!

ヨーロッパ周遊

もう、びっくりするくらい昔の話です・・・

っていうか、もうそんなに時が経ったのねぇ・・・('▽'*) ・・・ァハハ

 

20年前・・・

 

2001年11月18日

はじめての海外一人旅に旅立つべく、北海道は新千歳空港に立っていた。

当時は、大学院1年生であり、11月ともなるとなかなか授業も真っ盛り。かといって、夏休みなんかに旅しようものなら貧乏学生だった自分の生活が崩壊してしまう。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

そんなわけで、夏休みくらいから必死に各教科の教授やら助教授やらに根回しをして、さらに自分がすべきプレゼンその他をすべて夏休み明け直後にやらせてもらうよう、同期のみんなに懇願して回り、なんとか11月中旬から12月上旬までの3週間、休めることになった。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。
(といっても、修論の先生だけは、最後まで理解しようとしてくれず、帰国直後の授業中に激怒されたけどね・・・)

にしても、この時もし1年間休学しよう!なんて選択肢が頭の中に浮かんでたら、今頃、もうちょっと違った人生になってたはず・・・

ほんっと、あの頃は今以上にせこせこ生きてたよ・・・il||li(つд-。)il||li

とまぁ、ちょっと脱線しそうになったけども、こうして2001年11月18日に札幌から成田へと向かい、まさかの成田前泊後(地方都市の悲しい性・・・)、

 

翌2001年11月19日

 

正直ちょっとドキドキの小心者の僕を乗せたJAL便は旅立っていったのでした・・・

ヾ(・ω・`)ノバイヾ(・ω・`)ノバイ

今にして思えば、わざわざ窓際指定してたあたりが、いかにも青い(苦笑)
それでなくてもトイレ近いのに、いったい何やってんの、って感じです( ̄▽ ̄;)アハハ…

 

でもって、離陸後程なくして、

ヨーロッパ周遊

゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪

!?(〃゜口゜)!?「(たく)え!?あれって富士山!?富士山でしょ!?」

みたいな感じで、23歳にもなってお恥ずかしい話ですけども、遠く霞んで見える、自身初の生富士山を目の当たりにしたことで、いかにも大袈裟だけど、日本人としてのアイデンティティを感じてた・・・←完全に旅に酔ってる・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…

んで、今回、フランスはパリ、シャルル・ド・ゴール空港までご一緒させていただくお隣さんはというと、もうとっくに定年されてるだろう老夫婦。これからしばらくお別れとなる和食を、せめて機内食で!と思ったものの、何故か2度の食事とも隣の夫婦で無くなってしまい、最初はちょっといらっとして、

ヽ(#`Д´)ノ「(たく)ちっ!隣が外国人だったら良かったのにぃーっ!」

なんて、いかにも心の狭いことを考えてしまったけども、そのうち旦那さんが疲れて寝てしまうと、奥様がアグレッシブに話しかけてくれたんで、良かったことにしとく。

(*´∀`)「(奥さん)フランスは何回目?どちらにいらっしゃるの?」

(´-ω-`;)ゞ「(たく)フランス、はじめてなんですよー。なので、ベタなパリとモン・サン・ミシェルとヴェルサイユ宮殿に行こうと思ってます。」

(*´∀`)「(奥さん)そうなの?モン・サン・ミシェルは江ノ島と同じよー、あはは♪」

みたいな感じで、これからめちゃ楽しみにしてる僕の気持ちを台無しにしてくれたわけだけど(しかも、そもそもその当時、江ノ島すら行ったことなかったし・・・)、歳も歳なのに(って失礼か)、ガイドブックを広げて、あれだこれだとイキイキ説明してくれる姿には、ちょっとほんわかさせられたヾ(〃゚ー゚〃)ノ

女の人って、いくつになっても乙女だわ。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

 

そんなこんなで、12時間後、

ヨーロッパ周遊

さすがパリっ!といわんばかりのお洒落な空港、シャルル・ド・ゴール空港に到着。

が、この時はじめて、

ドウシヨ・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)/(Дヾ)・゚・。ドウシヨ

と、旅経験も少なく、英語もしゃべれないのにほんとに一人旅なんかできんの???
ってか、そもそもここからどうやってホテル行くんだっけ???

等と一気に現実味を帯びてきた一人旅に戸惑いはじめていた・・・。:゜(;´∩`;)゜:。

パリ

パリ

でもまぁ、とりあえず、日本から予約した初日の宿に向うべく、空港から高速地下鉄RERに乗って(写真左)、北駅(ノール駅)に向うことにしたのだけども、次から次へと、RER(写真右)に怖そうな皆様(失礼!)が乗り込んできたもんだからさぁ大変ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 

気づけば四方八方、強面の外国人に囲まれてる・・・(←大袈裟)

で、それまでほっとんど黒人の方を見たことがなかったこともあって、この状況に相当びびってたけども、座席を譲ったりしたら、普通に、

。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。 「(黒人の方)メルシー♪」

とかってお礼を言ってくれたんで、なんだか一安心(当たり前なんだけどね…)

そうそう、みんな、普通にここで暮らしてる住民なんだよね+.d(・∀・*)♪゚+.゚

なんて、余裕かましながら、北駅からさらにメトロに乗り継ぎ、ホテルの最寄駅と思われるBELLEVILLEという駅に辿りついた時には、辺りはすっかり闇の中・・・

ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!

真っ暗なのも去ることながら、周囲の治安も結構悪そう・・・

なんでこんなとこ初日の宿に選んだんだよ!と自分をうらみつつ、ホテルまで激走ε=ε=ε=ε=\(;´□`)/

が、

見つからない・・・(o;ω;o)ウゥ・・・

そりゃー、今と違って当時はgoogle mapなんて便利なアイテムもなかったわけなんで、土地勘ゼロのこの街で、苦学生が泊まれるようなちっちゃな安宿なんかをそうそう見つけれるわけもなく・・・

そんなわけで、いかにも悪そうなヤンキー達の目の前を何度も行ったり来たり・・・

いきなりやべぇかもしれない・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

だって、こんな暗闇でバックパックしょってるひ弱な日本人なんて、まさに、

飛んで火にいる夏の虫

状態なんだもん・・・(T-T )( T-T) ウルウル

と、その時!

パリ

あったぁ~゜*。(*´Д`)。*°

ってか、暗すぎだろっ!見つかるわけないじゃんっ(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

でもまぁ、良かった、無事に到着できて・・・

いや、やっぱダメだ、だって、こんなに苦労して辿り着いたってのに、

パリ

こんなにボロいんだもん(o;ω;o)ウゥ・・・

おしゃれな街、パリのイメージっていったい・・・

とはいえ、不思議なもので、安心すると途端にお腹が減ってきたんで食事でも、って思っても、パリ到着からホテルチェックインまでに、まさかの5、6時間も要してしまったため、周囲に開いてるレストランなどもちろん皆無・・・

で、

パリ

パリ

ようやく見つけたマクドナルドも、ハンバーガーは超冷たいわ(チンしろよ!チン!)、コーラに氷は入ってないわで最悪。・"(>0<)"・。ンモォ~

 

ホテルも食事も、出足悪すぎではなかろうか・・・

 

つづく(o;ω;o)ウゥ・・・