The Great Wall゜+.(・∀・).+゜

万里の長城

2007年3月17日

 

今日は土曜日なんで、朝から堂々と北京観光。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

というわけで、さっそく人工衛星からも見えるとか言う万里の長城へ(≧▽≦)ノ
※ちなみに英語名は「The Great Wall」ご存知でした???

と、その前に、ほんとに宇宙からも見えるのか、とりあえずGoogle Mapで試してみると、

万里の長城

・・・

(@・Д・@)??

いやー、これは宇宙からは見えんだろ・・・

この時点で万里の長城より、左下の街並みの方が目立つし、これよりちょっとズームアウトしたら完璧に見えなくなるし・・・

しかも、そもそも人工衛星から、何で見るの?まさか肉眼じゃないよね!?

※ちなみに、Google MAPで「40°21’02.74” 116°00’16.91」って入力するとちょいと詳細な万里の長城が見えるみたいですよ、ネットによると♪

とまぁ、それはさておき、この日は北京市北部にあって、かなり修復されて状態が良いとかいう観光用の長城、

「八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)」へ.+゜(・∀・)゜+.゜

万里の長城

こちらの門↑をくぐれば、それそれは日本の温泉街のような陳腐な光景が・・・

万里の長城

万里の長城

(写真左) つぶれかけのテーマパークみたいなつくりのチケット売り場・・・

 

(写真右) とりあえずロープウェーで山頂までひとっ飛び♪まるで、スキー場ですよ・・・

でもって、山頂に到着すると、これまた人、人、人のオンパレード(((( ;゚д゚)))アワワワワ

万里の長城

たしかに観光客多すぎて、観光客萎えしそうにはなるけれども、よくもまぁこんなの作ったよなぁって感心しちゃいますよ(・0・。) ホホ-ッ

万里の長城

万里の長城

(写真左) ただ、長城を築きはじめた(最初は土塁だったみたい・・・)、秦の始皇帝的には、築城の苦労なんて知る由も無く、こんな感じだったんだろうなぁ・・・

 

(*´∀`*) 「(始皇帝)なんか、地図的にはこの辺りに塀っていうか、土塁みたいのあった方いいんちゃう??北方民族とかが攻めてきたらだるいし♪」

( ;´Д`)「(臣下)塀とか土塁ですか・・・」

(*´∀`*) 「(始皇帝)んじゃ、後で適当に線引いとくから、そこに長城つくっといてね♪」

( ;´Д`)「(臣下)かしこまりました!(こりゃ、えらいことになったなぁ・・・)」

と、こんな思いつきの一言によって、きっと農村部の男衆はとばっちりを受けたんだろうなぁ・・・なんて、今日の日本社会的な発想をしてしまいます・・・ヘ(-′д`-)ゝヤレヤレ..

(写真右) 長城で記念撮影中の観光客たち・・・。ちょっとでも広いところあったら集合写真撮影場に早代わり・・・

万里の長城

にしても急すぎないですか?この長城・・・
作り手の苦労が容易に想像できるわけで・・・( ̄□ ̄;)アセアセ.....

万里の長城

万里の長城

(写真左) 長城の壁から岩がっ∑(゜д゜υ)

 

(写真右) 歩いてみると結構距離あるし、急だし、人多すぎるし、なにやら日差しも強すぎるし・・・

万里の長城

と、文句言いつつも、北八楼ってところから、一人でてくてく40分くらい歩いたんで、明日はきっと筋肉痛の嵐・・・

ちなみに、この日は、所長と北京事務所の駐在員の方と3人で来たんですけども、お二人とも、体力的な問題か(?)、ロープウェーで降りられましたとさ(;¬∀¬)ハハハ…

万里の長城

万里の長城

(写真左) きっと正しくはここから入場するんだね・・・。どうりでロープウェーの入口周辺が陳腐過ぎたわけだ…( ̄▽ ̄;)

 

(写真右) 想像と相当違ったジャージャー麺・・・。このうどんみたいな麺に味噌ダレっぽいものと種々の野菜たちをつっこんで激しく混ぜればできあがり・・・

ちなみに、他のお二人は、自分で頼んだ料理にほっとんど口つけてませんでした・・・

 

でもって、Great Wallの次に向かったのは、明代の13人の皇帝の陵墓群、

万里の長城

明十三陵へ。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

といっても、実は大して期待していなかったり(苦笑)

だって、地球の歩き方に載ってる写真自体がすでに相当しょぼいんですもの( ̄▽ ̄;)
まぁ、そうはいっても世界遺産ってことでもちろん足を運んだんですけども、明十三陵が万里の長城の帰り道に無かったら完全にパスして頤和園(いわんえん)行ってたな・・・

万里の長城

万里の長城

(写真左) 明13凌の案内図。図の雰囲気は縮小版王家の谷って感じ。

 

(写真右) 第13代神宗万暦帝(ばんれきてい)の陵墓、定凌の全体模型。円形の盛り上がったところの地下がちょうど地下宮殿になってるらしいですよ(゜Д゜))マヂ!!!

万里の長城

地下宮殿まではえらく平坦な道がつづくわけで・・・。皇帝の陵墓っていうよりは、市民の憩いの場っぽい(;¬∀¬)ハハハ…

んで、随所随所にあった装飾は割りとイケてたましたね。

万里の長城

万里の長城

(写真左) モチーフは雲ですよ、雲!?かなーりかわいい系(*´∀`*)ノ もう完全にドラゴンボールの世界♪

(写真右) 定陵の屋外テラスにあった、象のベンチ達゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪
すっごい広い庭あったらちょっとほしいかも!?にしても、故宮もそうだけど、この時代の中国に象なんていたのかなぁ?漫画の三国志によると(?)、成都よりさらに南下した、今で言う東南アジアの近く(?)の南蛮とやらの王たちは象に乗って戦ってたけど・・・

万里の長城

第13代神宗万暦帝の地下宮殿・・・。さほど期待してなかったけど、やっぱり、

( ゚д゚)ポカーン…

ってな感じです。宮殿っていうからにはもっと装飾してほしいわけで・・・

万里の長城

万里の長城

(写真左) 至る所でばらまかれてるお金たち。これも貴重な財源なんだろうなぁ・・・。週何回くらい回収してるんだべ?トレビの泉は週一回とか言ってませんでしたっけ?

(写真右) 万暦帝と皇后の棺、のレプリカ・・・(苦笑)いやーね、単なる箱にしか見えないわけですよ、レプリカ置かれたって・・・

万里の長城

(写真上) 地下宮殿に埋蔵されていたお宝のひとつ!?本物なのかどうか説明なし。もし本物だったら相当な保存状態ですよね!綺麗だし♪でも、図柄はこれまたドラゴンボール・・・。この時代、鳥山明さんは今以上に大活躍できたんでないの!?

北京

北京

(写真左) 定陵内にあった郵便ポスト。こんな山奥にまでちゃんと取りに来てくれるんだろうか・・・。月一回とかだったりして(笑)

(写真右) 漢字読めなかったけど、「○爪△」って書いてたから、きっと得意の龍の爪を模した木ってことなんだろう、なんかそんな感じするし(;`・д・`)ウンウン

 

んで、夕方、北京事務所の所長とも合流して、

北京

所長の二番目にオススメのお寿司屋さんに連れて行ってもらいました♪(ちなみに、一番目にオススメなお店は予約でいっぱいでした・・・)

お店の雰囲気も味も、日本でやってても比較的、ちょい一流チックな感じで、そのくせお値段も飲物抜きで3000円とか言い出しやがるから、またしても超びっくり!!

安っ!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

日本じゃ絶対自分の金で行けないよ、このクラスのお店(;¬∀¬)ハハハ…

というわけで、あっという間だった北京滞在もあまりにあっさり、今晩で終わり。明日は朝、8:25発の飛行機で約2ヶ月ぶりの日本へ向かいまーす♪

にしても、国際線の時間、早すぎる・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク