カナダってアメリカに侵略されてるんじゃ・・・

カナディアンロッキー

2008年8月19日

 

昨日までで概ねカナディアン・ロッキーの見所をおさえた(つもり)なので、本音は今日あたり、サクっとジャスパーからカルガリーまで戻って、一気に家に帰りたかった。この後、グランドサークル・ドライブ旅行も控えてるだけに、会社休みすぎだし(;¬∀¬)ハハハ…

が、

いかんせん、今回の旅行はマイレージによる特典航空券によるもの。もちろん、そんな都合の良いフライトが取れるわけもなく、ちょいと余分な1日ができてしまったのだ。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

それでも、とりあえず早起きして、地球の歩き方をパラパラ見てみると、なにやらジャスパーのすぐ近くに、エンジェル氷河なる氷河があるではないか!?w( ̄△ ̄;)wおおっ!

というわけで、早速ぐねぐねの山道を進み、ジャスパーからおよそ40分で、その、

カナディアンロッキー

エンジェル氷河に到着した(冒頭写真&写真上)

なんか、全然期待してなかったけど、結構いいんじゃない???ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

初めて見た氷河がロス・グラシアレスだっただけに、やっぱ、氷河ってのは氷河湖に流れ出てるもんだろ!っていうイメージがあったんで、ぶーに(自分が思い描く)こういう氷河を見せれて良かったよ(◕ฺ‿ฺ◕ฺ✿ฺ)(u‿ฺu✿ฺ)ウンウン

カナディアンロッキー

氷河湖に浮いてる氷塊にタッチできるのもかなーり評価大゜+.(・∀・).+゜(写真上)

曇っているせいなのか、随分と不思議な色をしている氷河湖に加え、全然人の気配がなく貸しきり状態な感じもグット♪

そしてもちろん、

カナディアンロッキー

その名のとおり、天使が羽を広げたような華麗なエンジェル氷河の姿も、自分的には相当好みっ(☆´□`)サイコォォォー♬♬

(写真上) 金色に輝く雲間から差し込んだ光のせいで、エンジェル氷河がなんだか火の鳥っぽい゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪

そんなこんなで、思いの他良かったエンジェル氷河を後にして、

カナディアンロッキー

カナディアンロッキー

昨日スルーしたサンワプタ峠(写真左)等、アイスフィールド・パークウェイの残りの見所に立ち寄ったり(「すすり泣く壁」っていうのは見つけられなかったけど)、クロッシング(写真右)で仮眠をとったりのらりくらりしながら、

カナディアンロッキー

(ついでにペイトー湖への三度目のアタックを敢行したり(;¬∀¬)ハハハ… )

16時には、バンフの町に到着∥三(((o´∀`))ノ タダィマァ!!

といっても、罰当たりなことに特にバンフでやりたいことなんかないので(爆)、とりあえず、今宵のお宿「YMCA(Mountain Lodge)」(ジャスパーの宿と比べるとコストパフォーマンス悪し)にチェックインして車を置き、以前なんかの旅行記で見て綺麗だなぁって思った、ヨーロッパの古城を思わせると噂のフェアモント・バンフ・スプリングスに向けてお散歩することにした⌒Y⌒Y⌒ ヾ(o´Д`)ノ

んで、そのフェアモント・バンフ・スプリングスとやらは、サプライズ・コーナーというスポットから眺めるのが一番と、ユースホステルでもらったマップに書いていたので、縮尺が無くイマイチ距離感のつかめない地図を片手に歩いて向っていると、

(´д`)ハァ~、そろそろ休ませろよー

という心の声が今にも聞こえそうな、ぶーのだるそうな足取りに、ちょっと心が傷つく・・・(もっと楽しそうにしてよ・・・、涙)('▽'*) ・・・ァハハ

それでも、十数分歩けば、

カナディアンロッキー

w( ̄△ ̄;)wおおっ!

確かに、かっちょえぇ古城ホテルが姿を現したヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

天気がよかったらさぞかし綺麗なんじゃないでしょうか。

というわけで、

カナディアンロッキー

かわいらしいバンフの町並み散策に(写真上)、金欠によりマックでの夕食を済ませた後、ぱっぱと宿に帰って就寝(ㅎωㅎ*)ウトウト

それにしても、いくら今日が余分な一日だったとは言え、エンジェル氷河を除いて、ぶーが一番楽しそうしていたのが、バンフで行った、北米大手スーパーチェーン店「セーフウェイ」だったのがちょっと悲しい・・・

そんなのサンノゼに帰ったらいくらでも行けるじゃんか・・・

本日の我が家の出費の価値っていったい・・・(o;ω;o)ウゥ・・・

 

翌、

2008年8月20日

今日はカルガリーに帰って飛行機に乗るだけなんで、ゆっくり朝寝坊したかったところだけども、昨晩一生懸命、地球の歩き方を読み込んで無理っくり見所を探したところ、

「朝焼け空を鮮やかに湖面に映し出し、朱色に染まることから、バーミリオン(朱色)の名が付いた。湖岸のアスペンが色づく秋は特に美しい。」

とのコメントを見つけたんで、早起きしてバーミリオン湖とやらに行ってみることにした、せっかくなんで(-д-)ア八八…。。。

が、

カナディアンロッキー

雲行きも怪しかったこともあるけど、いやぁ、これはわざわざ早起きしてくるような場所じゃないでしょ・・・

どうみても普通の池じゃん・・・(・ω・;A)フキフキ(写真上)

なので、自分らを入れても車2、3台程度の人の入り・・・

そんなわけで、朝寝坊すればよかったわ、等と思いながら、日も昇りきったことだし、さぁホテルに帰って二度寝しようと思った矢先に、

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

なにやら日本人女性2人組が徒歩でやってきたではないかΣ(゚Д゚;エーッ!

ここってば、バンフの街中から3kmはあるよ、どうみても(☄ฺ♛ฺд♛ฺ)ェッ!?そんな…

でもまぁ、それもそのはず、地球の歩き方には、

「ダウンタウンから徒歩で気軽に歩いていける範囲の見どころはここ(バーミリオン湖のこと)とボウ滝くらい。」

なんて書かれてるんだもん・・・

ち、地球の歩き方恐るべし・・・( ̄□ ̄;)アセアセ.....

きっと彼女たちも、

ヽ(`Д´)ノ 「どのへんが、徒歩で『気軽に』歩いていけるんだよ!」

とさぞかしご立腹のことでしょう・・・('▽'*) ・・・ァハハ

んで、ホテルでの二度寝以後はというと、出発前からバンフで唯一行きたいと思っていた、アッパー温泉へ≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

途中、道路脇に随分と車が止まって人だかりができてるなぁと思ったら、なんと、

カナディアンロッキー

カナディアンロッキー

10匹程のエルクの群れが!!!゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪

なので、自分らも車を止めて、リモコンで鍵をかけようと思ったら間違って、「パニックアラーム」のボタンを押してしまったではないですかΣ(゜Д゜lll)ガーン

ビーッ!ビーッ!ビーッ!アワワ (。Д°;三;゜Д°) アワワ

エルクが逃げないようにと、観光客たちは皆、そうっとそうっと眺めては写真を撮ってたっていうのに、この大音量のアラーム音。しかもそのアラームの止め方がよく分からないもんだから、鳴らした本人が相当パニックになったわヾ(;;゚□゚;;)ノ

あの時の空気読め感と周囲の視線の鋭さったらなかったね、ほんと(;¬∀¬)ハハハ…

で、

カナディアンロッキー

アッパー温泉に到着゜+.(・∀・).+゜

カナディアンロッキー

カナディアンロッキー

まぁ、そこそこ気持ちよかったものの、温泉が上部から丸見えっていう状況は多少いただけないような・・・(写真右)

というわけで、これにて、ぶーの渡米後旅行第一弾、「青い湖、白い大氷原!サクッとカナディアンロッキーの旅!」の旅も無事終了ヾ(≧∇≦*)/やったー

アクセスの良さ、超人気観光地にしては、結構よかったね、おしまい♪

と、いきたいところだったが、

そう、

最後の最後に、旅行初日に発覚した、国際線にもかかわらずシアトルでのコネクションタイムが65分という難題をクリアしなければいけないのだ(ノд`@)アイター

なので、他社のフライト含め、もうちっと早い便にフライト変更してくれないかなぁなんて、淡い期待を胸に、少し早めに空港に向かって、地上係員の人に相談してみたところ、

(*´∀`*)「(地上係員の人)65分?全然問題ないよ。」

Σ(゜Д゜lll)「(たく)え?でも、シアトルで入国審査+荷物ピックアップ&再チェックインしなきゃいけないんですよね???」

(*´∀`*)「(地上係員の人)大丈夫だ。入国審査はそこでやるから。」

と、係員の方が指差した方向を見てみると、

カナディアンロッキー

カナディアンロッキー

マァァァ━━━(゜Д゜;ノ)ノ━━━ジデェェェ!??

なんか知らんけど、空港内の一部がアメリカ一色になってるじゃん!Σ(゜Д゜lll)ガーン

(*´∀`*)「(地上係員の人)荷物もそこで預けた後は、そのままサンノゼに届くから、シアトルでは普通の国内線と同じように乗り継げばいいよ。だから65分もあれば十分♪」

アメリカの税関・国境警備局がカナダの空港内にあるだなんて・・・(写真左)

一体、どんだけお人よしなんだよ、カナダって国は( ̄□ ̄;)アセアセ.....

完全に領土侵略されてるじゃん(((( ;゚д゚)))アワワワワ

そして、カナダにはアメリカ内で入国審査をさせてあげない辺りが、さすがは自己中大国アメリカ('▽'*) ・・・ァハハ

カナディアンロッキー

というわけで、3日後には、そんなアメリカが誇る、カナディアン・ロッキーを凌ぐほどの大自然密集地帯、グランドサークル・ドライブ旅行に向けてレッツゴーヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

 

おしまい゜+.(・∀・).+゜

●8/19(火)にかかった費用(1USドル=108円、1USドル=1.07カナダドル)
・ガソリン代(1.349カナダドル/ℓ、26.83カナダドル) 2,708円
・食糧調達(17.12カナダドル) 1,728円
・昼食(クロッシング、12.08カナダドル) 1,219円
・食料調達(9.73カナダドル) 982円
・夕食(マクドナルド、15.83カナダドル) 1,598円
・宿泊費(ユースホステル・便所・シャワー共同ダブル、95カナダドル) 9,589円

小計           17,824円 ( 8,912円/人)
合計          110,140円 (55,070円/人)

●8/20(水)にかかった費用(1USドル=108円、1USドル=1.07カナダドル)
・温泉入浴料(7.3カナダドル/人、14.6カナダドル) 1,474円
・ガソリン代(1.329カナダドル/ℓ、16.26カナダドル) 1,641円
・間食(クロッシング、3.76カナダドル) 380円
・ガソリン代(1.234カナダドル/ℓ、37.84カナダドル) 3,819円
・レンタカー代(保険(フルカバー)込み、386.48カナダドル) 39,009円

小計           46,323円 (23,162円/人)
合計          156,463円 (78,232円/人)