出張の合間に旅するボストン②(アメリカ独立の舞台)

ボストン

2008年5月14日~5月15日

 

4日間もコンベンションセンターに通い詰めた今回のボストン出張もようやく終了し、5月17日の朝一番でサンノゼに帰りやす。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

結構、有益な情報をたくさん得たけど、いかんせん激しく疲労した・・・

だって一個のセミナーが90分間もあるんだもん・・・

頼むぜしかし、大学じゃないんだからさぁ・・・(;´ρ`) グッタリ

でもって、

ボストン

ボストン

毎日乗換えに使用したSouth Station(写真左)に、ボストンの地下鉄”T”ともお別れヾ(*'-'*)マタネー♪

 

ま、あわよくば今年の11月にもこれそうだけどさ(。→ˇܫˇ←。)ププッ

というわけで、今日は、5月14日(水)~15日(木)の仕事後のひとときについて日記を書こうと思います(人´∀`).☆.。.:*・

で、水曜日、まず向ったのが、なんでか知らないけど、ボストン旅行記に必ず登場する、

ボストン

ボストンコモンへ≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

そして、思ったとおり何もない・・・

どこを見渡しても単なる公園・・・( ̄□ ̄;)アセアセ.....

まぁ、アメリカ最古の公園らしいけど、これは”ボストン”って名前があるから日本人観光客が来るんだろう、きっと・・・

ただ、そうは言っても、さすがはアメリカ独立の舞台となったボストン。その独立戦争にまつわる史跡やら何やらをたどる、”フリーダムトレイル”っていう道があって、このボストンコモンがそのスタート地点になっているみたいw( ̄△ ̄;)wおおっ!

んで、さっそくボストンコモンの中の観光案内所からフリーダムトレイルを辿る旅スタートってことで、まずはそこからビーコンヒルっていう丘に向って歩くと、

ボストン

マサチューセッツ州議事堂に到着~(((((((っ´Ι`)ノ

建物自体は、まぁどうでもいいっちゃどうでもいいけど、どうしても気になるのが、議事堂中央にどーんとかまえてる垂れ幕(´,_ゝ`)プッ

ここボストンに本拠地を構えるNBAのセルティックスのロゴなんだけども、たとえお役所系でも、裁判所とかじゃなければいいのかね?こんなに堂々と趣味趣向(?)をこらしても('▽'*) ・・・ァハハ

でもって、

ボストン

こちらがそのフリーダムトレイルの道しるべ(?)

このレンガ造りやら単なるペイントやらで表された道をひたすら辿るのがボストン観光の基本中の基本らしい(・0・。) ホホ-ッ

ボストン

(写真上)パーク通り教会の横にあるグラナリー墓地。この墓地の中央の三角錐型のお墓が、おそらく、アメリカ独立宣言の起草に関わり、100ドル札紙幣に描かれている(ほとんど見たことないけど・・・)、ベンジャミン・フランクリンのお墓(゚ロ゚屮)屮ぉお!!

ボストン

(写真上)学生を相手にして、ガイドさん(先生?)が熱心にベンジャミン・フランクリンについて語っていたオールド・シティホール(銅像がある)

と、時間も無いんで、こんな感じでサクサク巡っていると、

ボストン

ボストン

ビル群に囲まれた、可哀想な旧州議事堂が現れた(写真左)

 

我が故郷札幌の時計台を彷彿させるね…。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

でもって、写真右は、アメリカ建国の父の一人、サミュエル・アダムスの銅像&ファニュエルホール。サミュエル・アダムスといえば、もちろんボストンの地ビールではなく(でもあるけど)、歴史の教科書にも登場するアメリカ独立の前哨戦「ボストン茶会事件」に関わったアメリカの政治家(_≧Д≦)ノ彡☆♪

アダムスはここで、アメリカ独立のためのたくさんの演説を行ったそうな(・0・。) ホホ-ッ

にしても、今回のフリーダムトレイル巡りでは、アメリカ史に関するあまりの知識不足を痛感したわけで、たった250年弱しかない歴史なんだし、なんとかアメリカ駐在中に恥ずかしくないレベルまで脳に叩き込もう・・・(;¬∀¬)ハハハ…

というわけで、フリーダムトレイルもまだ続きそうだったけど、途中にあったボストンでもっとも古いレストランでシーフードの老舗、

ボストン

ユニオン・オイスター・ハウスヽ(゚∀゚ )ノ

で、生牡蠣を喰らってフリーダムトレイル巡りを終了(;¬∀¬)ハハハ…

が、

ボストン

ハーフ・ダースの生牡蠣+シーフードサンプラー&ビールで35ドルΣ(゜Д゜lll)エッ!?(2021年現在で考えれば激安だけど、この当時の自分の懐事情からするとね…)

でもって、先日のリーガル・シーフードに引き続き、激しく小ぶりな生牡蠣さん・・・(やっぱ、シーフードは北海道が一番うまいよ(◕ฺ‿ฺ◕ฺ✿ฺ)(u‿ฺu✿ฺ)ウンウン)

そういえば、ここでボストン初のIDチェック(未成年飲酒防止のため)があったな。地球の歩き方ではボストンはめちゃくちゃ厳しいって書いてあったけど、カリフォルニアの方が断然厳しいよ。そりゃ、今までたまたま確認されなかったのかもしれないけど、カリフォルニアは100%ID求められるからな・・・

わたくしこれまで、カリフォルニア(日本居酒屋以外)でIDチェックを逃れて酒を飲んだり、買ったりできた例(ためし)はありません(_≧Д≦)ノ彡☆♪

 

んで、レストランついでに、もう一箇所。高いと噂だけに相当躊躇したものの(笑)、やっぱり我慢できずにいってきました、ボストンN0.1との噂もあるステーキハウス、

ボストン

Grill 23 & Barへ(人´∀`).☆.。.:*・

いやはや、さすがです、お店の雰囲気が・・・(写真上は2Fだけど、1Fの方がもっと良い感じの雰囲気!)

こんな小僧が(まして一人で!)来るような場所じゃなさそうです( ̄□ ̄;)アセアセ.....

でもって、いただいたお食事は(←日本語もちょっと丁寧に、笑)

ボストン

ボストン

お店特製のチャウダー(写真左)と念願のロブスター(フライだけどね(;¬∀¬)ハハハ… )!!(写真右)

 

そして、さらに、

ボストン

ビーフ・テンダーロイン( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

これはなかなかうまかった。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

税・チップ抜きで36ドルは安すぎるっ!!!(税・チップ込みで5000円くらい?)

そりゃ、もっとうまい牛ステーキはいくらでもあるだろうけど、この味で36ドルはないでしょ、さすがに(◕ฺ‿ฺ◕ฺ✿ฺ)(u‿ฺu✿ฺ)ウンウン(日本にはありそうだけど、苦笑)

あ、あと、面白かったのが、ここに限らず、どこのお店もそうだったけど、メニューには必ず「生ものを食べると腹を壊す確立が高まります」って感じの注意書きが書いてあってウケた(。→ˇܫˇ←。)ププッ

マサチューセッツ州法かなんかで、そういうコメントを添えるようにって決まってるんだろうけども、んじゃ、そんなもんだすなよな、って感じ(´,_ゝ`)プッ

 

というわけで、全2話に渡った「出張の合間に旅するボストン」旅行記はこれにて終了。

ちなみに、行こうと思ってたボストン美術館は疲労&雨のため(もともとそんなに興味もなかったし…、爆)、この時は訪問を断念しちゃったんだけども、2017年9年に地味にリベンジしてて、こちら、

出張の合間に、意識高い系のボストン滞在

金曜の朝からボストン入りして、日曜の今夕、ハンブルグに向かうので、この二日間半についてツイート。まずは、頑固一鉄ラーメン ...

にその時の思い出を綴ってます♪

おまけ↓

ボストン

ボストン

冒頭写真もそうだけど、案外、不思議なオブジェがある街だったり(_≧Д≦)ノ彡

特に写真右なんか、あんないかにも日本チックなやかんとスタバのどの辺に関係があるのって感じだし、笑。

 

おしまい