さようなら、エアーズロック

エアーズロック

2006年10月21日(土)

 

今朝の目覚めはAM4:00・・・

真っ暗なキャンプサイトから見上げる空にはまだまだ満点の星空が輝いているものの、そろそろ出発せねばなりません(涙)

ぶーを起こしてAM4:30には朝食を喰らい、サンライズ・ビューイングエリアに向かうのでした(;´Д`)ウウッ…

でもって、ポイントに着くや否やでました、

エアーズロック

人、人、人の群れ( ̄□ ̄;)!!

ほんとエアーズロックにはこれでもかってくらい日本人萎えしてしまいそうになるけど、それでも、自分たちの背後から太陽が昇るにつれて、少しずつ色を変えていくその姿には感動を覚えますね゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪

もし、普通のサンライズツアーみたいに、昇る太陽を望む方角からエアーズロックを眺めててたら、単に、逆行で真っ黒な岩しか見えなくて、魅力が半減しちゃうんでしょうね、きっと(;゚д゚)ァ....

エアーズロック

んで、太陽が昇りきると、お次は楽しみにしていたエアーズロック登山(≧∀≦)ノ

ところがっΣ(゚Д゚)

エアーズロック

CLIMB CLOSED DUE TO STRONG WINDS AT SUMMIT・・・

頂上部での強風のため登山道閉鎖・・・(写真上)

・・・Σ(´Д`ll ズガーン

うちらってなんてついてないの?って思いそうになったけど、偶然にも当初予定になかったエアーズロックにこれただけでラッキーじゃん!ってことで自分を納得させるのでした。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

ほんと、実際そうだよね、まじラッキーボーイだよ、自分ってば。そもそも、転職話やら異動話やらが交錯する微妙なタイミングだってのに、ここオーストラリアの地に足を踏み入れられたってことだけでも奇跡的だし、感謝しなきゃね、いろんな人たちに(◕ฺ‿ฺ◕ฺ✿ฺ)(u‿ฺu✿ฺ)ウンウン

ってこんな風に思えるようになっただけ、昔より大人になったなぁ、自分(笑)

エアーズロック

(写真左) 登山道閉鎖について、各国の言語で書かれた看板。こういう看板って、特に日本語訳はいつも、「まじで、誰かに一回ぐらいチェックしてもらったら??」って思えるくらい酷い和訳のケースが多いけど(爆)、今回はいたって普通な和訳、笑。

エアーズロック

エアーズロック

(写真左) エアーズロック1泊2日キャンプツアー中にお世話になった車。おっきな荷物を預ける倉庫みたいなものを引っ張って走るんですよ。ちなみに、車のドアのところに、水と果物が置いてあって、水飲み放題&果物食べ放題だったんですっ!自分とぶーの二人で置いてあったリンゴとオレンジの3、4割食べちゃったかも(汗)
(写真右) トイレ。カルチュラルセンターとかも含めて、周囲の景観を壊さないよう配慮された建物が建てられてました。今後さらに、風化等により、より周りの景観に馴染んでくるんですって(驚)

エアーズロック

(写真上)このツアーのガイドさんとエリカとぶーと自分。ガイドさんの英語はオージーイングリッシュのせいなのか、単に自分の語学力がないためか(95%後者の理由)ほっとんど意味わかりませんでした・・・(汗)ちなみに、「OK!」を

「オーカイ!」

ってずーっと言ってたのが思い出深いね・・・(遠い目)

そんなわけで、楽しかった1泊2日のこのツアーもあっという間に終わり、AM11:00頃、デザートガーデンホテル戻ってきました(・∀・)

※今回利用したツアー会社をご紹介しておきますねo(*・∀・)つ
旅行会社名: Adventure Tours AUSTRALIA
URL: www.adventuretours.com.au
備考: 日本語不可(たぶん)

んでもって、デザートガーデンホテルのロビーでみんなの出発時間をおさらい。

(エリカ) PM1:30 シドニー行き
(トミーさん、たく&ぶー) PM2:30 ケアンズ行き

たく「エリカはもうちょっとで出発したほうがいいだろうけど、僕らはまだまだ時間たっぷりありますね、どうしましょっか?」

すると、慌てキャラ、トミーさんが、

トミーさん「飛行機の時間を勘違いしてましたヽ(;´Д`)ノ」

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

なんとトミーさんの飛行機ったら、PM12:30発だったんです(汗)

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

やべー!もう1時間後じゃん!ってことで、急いで空港バスの時間を調べてみても・・・

トミーさん「さっき行ったバスに乗らなきゃだめだったんですねヽ(;´Д`)ノ」

というわけで、デザートガーデンホテルのレセプションに、タクシーを呼んでもらおうとするも、

(;´Д`)「ここにはタクシーないんです・・・」

ヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィ

ここまでか・・・(そんな大袈裟なものでもないけど)、と思った瞬間、

(;´Д`)「うちのスタッフに送らせましょう」

天の一言。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

エアーズロック

というわけで、トミーさんも、ついでにエリカも(時間が迫ってきてるので)、無事、スタッフに送られて帰路についたのでした'`゙ィ'`゙━━+。・(o・´口`・o)ノ゙ ・。+━━ィ

1時間後・・・。

たく「そろそろ、うちらもバス乗り場行きますか」

ぶー「はーい」

たく「あ、バス来た。これに終点まで乗ってれば空港着くんだね」

疲れてたのか、バスに乗り込むや否や熟睡する二人・・・。すると、

ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!

(;´Д`)「間違って循環バス乗っちまったよ(汗)」

しかも、本日の空港行きバスはすでに終了していたり・・・

でもでも、うちらもたくましくなったね(波乱万丈だった南米旅行のおかげですね)、落ち着き払って、すぐさま、トミーさんたちのときと同じく、デザートガーンデンホテルのレセプションへ車を出してもらうようお願いしに行きました( ´∀`)

「またかよ、こいつら」っていう冷たい視線にめげることなく、無事、送り届けていただいたのでした( ´∀`)(チップをはずんであげたからオッケーでしょ)

エアーズロック

エアーズロック

(写真左) なーんもない空港、エアーズロック・コネラン空港。

(写真右) 自分たちのフライトまでバスを待ちつつ、おかぽんさんへ手紙を書いてます♪

んで、ケアンズに戻り、いつものように、無料まず夕飯を食べ、ちょっと市内を散策する。

ケアンズ

(写真上) ケアンズはエスプラネード通りにある、うちらの宿の前の通り。この道をなんど通ったことか・・・。もうはや遠い昔のようだわ。

んで、金もないのに、

「せっかくだから( ´∀`)」

と二度目の夕食(!?)として、クイーンズランド州名物、

ケアンズ

マッドクラブ(泥ガニ)を食してみることに(≧∀≦)ノ

いやー、さっすが高級だけありますねぇ~♪
マッシュルームソースがかかってたんで、手がべとべとですごいことになってたけど、うんまかったぁ~( ´∀`)

レストランはというと、宿のすぐ近くにある、カニーズ(JCBカードで10%引き)っていうんですけど、このネーミング(カニだけにカニーズ・・・)、ほんと、

親父ギャグかよっ(゚Д゚ )ゴラァ!!

 

つづく

●10/21(土)にかかった費用(A$1≒95円)
・ハガキ A$1.4
・昼食 A$10
・車チップ(ガーデンホテル→空港) A$10 (ノд`@)アイター
・タクシー(空港→ホテル) A$16
・マッドクラブ(10%OFF) A$70.83  ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!
・ネット A$3

小計           ¥ 10,567円 (¥ 5,283円/人)
合計           ¥622,031円 (¥311,016円/人) ←Σ(゚д゚lll)ガーン