安芸の宮島(厳島神社)

厳島神社

2002年8月29日

 

いやー、今朝はこの旅一番の目覚めだね、まじで(_≧Д≦)ノ彡☆♪

何しろ、昨晩は人生初のスーパー銭湯に泊まったからね(。→ˇܫˇ←。)ププッ

たったの1000円で完全な屋内での睡眠ですよ、久しぶりに!!!

しかもかなり横になれた上に、ビールまで飲めたくらいにして(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑

そして、さらーにっ!!!

今日の目的地は、自分の中では、この旅で1、2を争うくらい楽しみにしていた場所であり、日本三景の一つでもある、

厳島神社

安芸の宮島」なのだ!!!

というわけで、広島駅からJRに乗って宮島口駅まで行き、そこからフェリーに乗り換えて宮島へ向うと、大きな朱色の鳥居と寝殿造の社殿が見えてくる(写真上)

厳島神社

世界文化遺産、厳島神社だ゚+.(◕ฺ∀◕)゚+. わぁ♪

海を敷地にするという奇想天外な発想に基づいて建立された厳島神社は、日本の世界遺産の中でも屈指の存在といっても過言では無いと思う(◕ฺ‿ฺ◕✿)(u‿ฺu✿ฺ)ウンウン

そして、この厳島神社のある安芸の宮島は、その中央にそびえる山、弥山(みせん)が神として崇められ、島自体が古代より信仰の対象とされてきたらしい(・0・。) ホホ-ッ

なので、

厳島神社

厳島神社

そんな宮島に住む鹿たちも(写真左)、神の使いとして大事にされてきたようで、ガイドブックによると、

「江戸時代には鹿を殺すとその鹿を背負って町を歩くという罰まであった」

そうだ Σ(゜Д゜|||)エッ!?

し、死んだ鹿をですか・・・( ̄□ ̄;)アセアセ.....

んで、厳島神社が何故に日本三景のみならず、世界遺産にまで選ばれているかといえば(完全に主観だけど)、歴史背景はもちろんのこと、やはり、満潮時に海面に浮かび上がる厳島神社と朱色の大鳥居の、他に類を見ない美しさのためだろう。

ちなみに、干潮時はどんな感じかっていうと、写真右の通り、社殿の前の浅瀬は普通に歩けるくらい潮が引いていき、

厳島神社

大鳥居の直近間近まで迫ることができたり。

そんなこんなで、さっそく、平清盛の篤い信仰心によって建立された厳島神社の社殿に入ってみると、

厳島神社

厳島神社

干潮で海水が引いていたってすばらしい、回廊からながめる社殿と大鳥居に(写真左)、床板の隙間がスリットとなって地面に映し出す見事な模様が、なんともお見事(写真右)

そしてさらに奥へと進むと・・・

厳島神社

キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!

なんたる繊細な美しさ!!!

本社祓殿から高舞台越しに見る大鳥居。

その昔は、こんな優雅な景色をバックに、この高舞台で舞楽なんかを楽しんでたんだろうなぁ…。

雅だねぇ。

と、あまりにも天気が良かった上に、朝早いせいかまだほとんど観光客がいなかったことをいいことに、罰当たりにも、その高舞台の横のスペースにパンツやら何やらを干しながら、お昼寝タイム・・・

 

(ㅎωㅎ*)ウトウト

 

・・・

 

ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ

 

・・・

 

何やら嫌な視線・・・

 

( ゚д゚)ハッ!

 

気づけば周囲は観光客だらけっ!四面楚歌状態!!アワワ (。Д°;三;゜Д°) アワワ

そしてパンツやら何やら見られ放題っ!!!(((((((lll゚д゚)゚。((((((( ミナイデエェェ

そんなわけで、あまりに恥ずかしくなり、そそくさと社殿を後にして、

厳島神社

極上と噂の宮島のアナゴを堪能すべく「ふじたや」へ(写真上)

うんまーいっ!!さすが創業80余年!!!

が、ハマグリのお吸い物つきで2,300円だったりする・・・_| ̄|○ガクッ!!

朝ご飯としてほぼ毎日食べてるフランクバーガー、75円・・・

アナゴ飯し×1杯≒フランクバーガー×約30個・・・

も、物の価値って一体・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

まぁ、それはさておき、腹ごしらえした後は、かの初代内閣総理大臣、伊藤博文をして、

「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」

といわしめたらしい、宮島の中央にそびえる古来神の山、

厳島神社

弥山(みせん)登山に挑戦♪

が、裸足にサンダル&10数kgはあるバックパックを背負って登るには実にきつい、奇岩満載&急勾配の弥山登山・・・(写真上)

 

数時間後・・・

 

それでも、なんとか標高530mの霊峰弥山の頂上にたどりつくと(写真左)、そこには、

厳島神社

360度、瀬戸内海を一望できる、すばらしい光景が待っていた♪

厳島神社

厳島神社に大鳥居もよく見える♪

弥山登山の間に、だいぶ潮が満ちてきたみたい。

そんなわけなんで、今度は満潮の厳島神社を堪能しようと、数時間掛けて登ってきた道程を一気に下り、

ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

まずは待望の、

厳島神社

海に浮かぶ大鳥居へ。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

やっぱり、なんだかんだ言っても満潮時に限るね、大鳥居は♪

ちなみに、厳島神社の社殿ももちろん、

厳島神社

厳島神社

干潮時(写真左)と満潮時(写真右)では、満潮時の美しさに軍配が上がります。

厳島神社

(写真上) 回廊から望む大鳥居♪

ほんと、すばらしいの一言っ!まじで平安の雅って感じっ!蹴鞠したくなるわ、笑。

と、手放しで絶賛していると、回廊の外側にも、何やら優美な建物が建っているではないですか。

厳島神社

厳島神社

その昔、太閤秀吉が建設を始め、その死と共に工事が中断され今に至るという、千畳閣と五重塔だ!(写真上)

ほんと、宮島はどこを向いても雅だねぇ(。→ˇܫˇ←。)ププッ

というわけで、後は、厳島神社で夕焼けを堪能すればもうお腹一杯って感じなので、それらしい時間まで、厳島神社西側の西松原にあったベンチでお昼寝タイム・・・

思いのままに寝たり起きたり・・・、こんな旅ってほんと最高だねぇ~。

 

・・・

 

数時間後・・・

 

サンセットまではもうちょっと時間がありそうだけど、とりあえず、夕陽を眺める絶景スポットを押さえるべく、厳島神社の東側、御笠浜とやらのベンチに座ってそのときを待つことにした。

観光客はもうほとんど残っていない。

いや、ほとんどどころか、この御笠浜で夕陽を待っていたのは、自分と外国人観光客の若い男の子だけだったり(苦笑)

こんな時、ほんと英語をしゃべれればなぁって思うよね、毎回・・・('▽'*) ・・・ァハハ

それにしても、

静かだ・・・

すると・・・

厳島神社

゚+.(◕ฺ∀◕)゚+. わぁ♪

偶然なのか、計算なのかわからないけど、大鳥居の真ん中に計ったかのように沈みゆく太陽!!

す、すごいよ、厳島神社ったら、まじで。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

さすが、日本三景&世界文化遺産だけあるよ(o;ω;o)ウゥ・・・

そうして、最後の最後まで、

厳島神社

大きな感動をくれた厳島神社の思い出を胸に、宮島口行きの帰りのフェリーに乗り込んだのだった・・・

※この日から14年後(驚)の2016年GWに再訪した時の思い出はこちらから ↓

厳島神社
青い空に赤い大鳥居(広島)

今日は天気も悪かったし、観光的にも谷間的な1日(爆)。朝は、呉までが遠すぎた、ってだけの理由で惰性的に尾道。とはいえ、あ ...

 

つづく

●11日目終了時点宿泊先別宿泊数
屋外泊: 1泊
駅構内泊: 7泊
スーパー銭湯泊: 2泊
車内泊: 1泊
ホテル泊: 0泊