常識的に、完全に「有り得ない」世界(レンソイス・マラニャンセス国立公園①)

2021-06-13

レンソイス・マラニャンセス国立公園

2006年7月8日

 

昨晩遅く、無事、ブラジルの北東に位置する、マラニョン州の州都、でもって地味に世界遺産でもあるサン・ルイスに到着(・∀・)♬♬

着いた時間も時間だったので、あらかじめホテルと空港送迎タクシーを現地旅行代理店Gilturにお願いしており、あれよあれよとホテルにチェックイン。んで目覚めるや否や、すぐさま飛行場へと連れて行かれた(冒頭写真)

そう、今日は、いよいよ、今回の旅の最大のハイライトにして、たく&ぶーを南米まで駆り立てた張本人(?人ではないか・・・)

 

レンソイス・マラニャンセス国立公園ヽ(゚∀゚ )ノ

 

とのご対面の日なのだ(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

レンソイス・マラニャンセス国立公園

気さくなGilturのお二人。おばちゃんの方は英語だめだったけども、若い男のこの方は、随分とまぁ英語が達者なことで(たく&ぶーとは大違い)(;¬∀¬)ハハハ…

んで、このレンソイス・マラニャンセス国立公園

この旅行記の第一話(ベネズエラ編)、

ベネズエラ
かくして、たく&ぶー最大の冒険旅行がはじまった

南米なんて、老後まで行けないと思ってた・・・ よく言われるように、学生時代は時間はやりくりできても南米に行けるほどのお金 ...

にも書いたとおり、かれこれ1年以上前に見た「世界ふしぎ発見」で虜になってしまった、たく&ぶーの思い出の場所。旅立つ前から、それはそれは楽しみにしていたわけで、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

いろんな旅行記はもちろん、Google Map(写真上)などでレンソイスを確認しては、あまりのすごさに、二人でため息を漏らしてきた( ̄▽ ̄;)アハハ…

そんな、夢にまで見たレンソイスを、ついに生で見ることができるのだ(o;ω;o)ウゥ・・・

┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

まじで緊張してきたんだけど・・・(汗)

ここまで期待が大きいと並大抵のすごさじゃ、すごいなんて感じないと思われ・・・

なーんて考えちゃって、大きな期待とは裏腹に、もし、

もしっ!

そこまですごくなかったらどないしよ???っていうわずかな不安を抱きつつ、僕らの4人乗りセスナ機(パイロット2名&たく&ぶー)は離陸した・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ガタガタガタガタガタ、

ガタガタガタガタガタ、

今にも墜落しそうなボロセスナの中、

緊張が超MAXなんですけど(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

と、その時っ( ̄□ ̄;)!!

レンソイス・マラニャンセス国立公園

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

見えてきたよ!見たこともないような光景がっウッソ―――(゚∀゚三゚∀゚三゚∀゚)―――!!!

レンソイス・マラニャンセス国立公園

真っ白な砂丘の凹凸に溜まった、エメラルドグリーンのラグーン・・・

レンソイス・マラニャンセス国立公園

色もさることながら、この無限に繰り返される、砂丘の凹凸とラグーンのパターン・・・

レンソイス・マラニャンセス国立公園

自分のボキャブラリーを恨むくらい、この感動を伝える術がわからない・・・

これがほんとに実在する世界なの???( ̄口 ̄∥)

 

今まで、これは「有り得る」、これは「有り得ない」、となんでも無意識的に決め付けてきた、僕のちっぽけな常識から判断すると、このレンソイスは完全に「有り得ない」、だ・・・

世界って、どれだけすごいんだよ、ほんとに・・・

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

たく&ぶーが訪れた7月上旬はちょうど、雨季が終わって、それまでに降り溜まった水がラグーンを形成している時期だ。ただ、とはいってもやっぱり自然現象なわけで、水が乾いている場所もあれば(写真左)、水が溢れすぎて砂丘の凹凸を沈めてしまっている場所もある(写真右)

ま、いずれにしても、この絶景を目の前にした感動は実際に見てもらうしか伝えられないわけで、皆さんにはぜひとも、多少値がはったって、僕らと同じくセスナ機を使ってレンソイスを見渡して欲しいものです♪

バックパッカーはよくサンルイスからバスで5時間ほどかけてレンソイスに行くみたいだけど、この空から見たレンソイスもまた超最高なので、ぜひともバス利用なんかで、旅費をケチることなく、セスナ機でどーんと行っちゃってくださいっ!



約40分後、バレリーニャ(Barreirinhas)到着。

レンソイス・マラニャンセス国立公園

んで、何が良いって、Gilturさんのツアーに含まれてた、こちらのホテル、

「Pousada Beira Rio」d(≧▽≦*d)

言っちゃ悪いけども、アスファルト舗装された道路も無いような、こーんな田舎には不釣合いなほど、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

立派で、かわいくって、清潔っ★*゜*(感´∀`激)*゜*★

レンソイス・マラニャンセス国立公園

しかも、ベランダからの眺めはリバービューで(写真上。おそらく、これが、ホテルの名前の由来ともなったBeira Rioなはず)、適度な湿度とともに室内に入ってくるそよ風がめちゃくちゃ心地よく、これまでの慌しさを一気に吹き飛ばしてくれるほど優雅゚+.(・∀・).+゚

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

なので、

新婚旅行でレンソイス

なーんてちょっと贅沢な方(笑)がいらっしゃっても宿泊場所には困らないはず。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

ちなみに、このPousada(ホテル)にあったビラにはGilturのWebサイトとEメールアドレスが書いてあったから、ここのオーナーさんはGilturさんなのかもしれませんね、実は。

で、レンソイスに向けて出発するまで多少時間が空いたので、ホテルの人オススメのレストランへお昼ご飯を食べに行くことに。

お店の名前は、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

「Bela Vista」

まぁ、Pousadaほどじゃないけども、なかなかかわいい感じ。ただ、メニューを見たらちょっと驚いた(;◔ิд◔ิ)

Espaguete ao Molho de Camarao(海老ソースのパスタ) 12R$(約630円)

Peixe Frito Escabeche ao Molho de Camarao(魚料理) 16R$(約840円)

そりゃ、日本と比べたら、遜色ないか、ちょっと安いよ。けど、ここは前述のように、アスファルト舗装された道路すらないん村なんですよ!

宿主にだまされたか・・・。観光地特有の高かろうマズかろうだろ、きっと・・・(涙)



さらに、僕らのオーダーの調理が始まると、その不安は一層強まった↓

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

ガ━━━∑(゚д゚lll)━━━━ン

うちらの魚、川の中で鱗(うろこ)削られてるんだけど・・・(||゚Д゚)ヒィィィ!

しかも、海老まであんな砂だらけのところでさばかれてるし・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

( ̄へ ̄|||) ウーム

レンソイス・マラニャンセス国立公園

と怯えてたのも束の間、さっきまで川の中にいたおっちゃんが上陸(?)してきたと思ったら、今度は屋外階段の上でうちらの魚をさばきだす始末・・・((;゚Д゚)オレシラナイ

屋内で、いやそこまで厳しいことは言わないから、せめてまな板使おうよ・・・(涙)

レンソイス・マラニャンセス国立公園

切り刻まれ、不要となった贓物はそのまま川へ投げ捨てられ、ご覧のように(写真上)、ほぼリアルタイムに食物連鎖にくみこまれていった・・・

(((( ;゚д゚)))「(たく)ぶー・・・ゴクリ」

((((;´・ω・`)))「(ぶー)何?」

(((( ;゚д゚)))「(たく)うちら、確実に腹壊すだろうね・・・」

数十分後、ついに毒見の時がきた(||゚Д゚)ヒィィィ!

恐る恐る一口、口に入れてみる((´д`))

レンソイス・マラニャンセス国立公園

(@・Д・@)ん!?

うんめぇ━━━━(◕∀◕)━━━━!!!!!

まじで、びっくりするくらいおいしいんですけどっヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
案外、この旅一番の飯かもしんないっ!!!それに、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

ビールなんかもしっかり、保温ケースと一緒に出されたりと、実はサービスもかなりGood(☆´□`)サイコォォォー♬♬

地味にめちゃくちゃ当たり引いたわヾ(≧∇≦*)/やったー

皆さんもレンソイスに行った際にはぜひとも立ち寄ってくださいねぇ~♪
場所は、Pousada Beira Rioの目の前の通りをずーっと街の方に向って歩いていくと、左側に見えてきますよ!!

というわけで、いよいよ、ドラゴンボール並みに引っ張った、皆さんお待ちかねのレンソイス・マラニャンセス国立公園に向って出発!≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

レンソイス・マラニャンセス国立公園

┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

 

つづく(まだなのかよ・・・orz)

●7/8(土)にかかった費用(1US$=115円、1US$ ≒ 2.2R$)
・ツアー代(サンルイス1泊、レンソイス2泊、500US$×2名) 57,500円×2名
・水(3R$) 157円
・昼食代(39.6R$) 2,070円

小計           117,227円 (12,511円/人)
合計           1,012,063円 (506,032円/人)

●15日目終了時点フライト(飛行機、ヘリコプター、セスナ機混在)回数
飛行機: 12回
ヘリコプター: 1回
セスナ機: 3回
※離発着各1回につき1回とカウント(南米は各駅停車の飛行機があるため)