すっごい遠くまできちゃったね!

レンソイス・マラニャンセス国立公園

2006年7月8日、つづき

 

┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

いよいよ、いよいよだ(←今度こそいよいよ)(((( ;゚д゚)))アワワワワ

宿まで迎えに来てくれた、トヨタ(←ジープのこと。冒頭写真)に乗り込み、

野を超え、川を超え、

野を超え、川を超え、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

オフロードをひた走ることおよそ1時間、

ついに、この旅最大のハイライト、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園ヽ(゚∀゚ )ノ

に到着した。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

東京23区2個分がすっぽり入ってしまうほどの広大な砂丘の端っこにトヨタを停め、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

この砂の丘を超えれば、夢にまでみた、そして今朝、セスナ機から俯瞰した、あのラグーンが広がっているのだドキドキ(゜∀゜*)(*゜∀゜)ドキドキ

まじで、もうすぐだ( ̄□ ̄;)アセアセ.....

高鳴る鼓動、

┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

そして、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

キタ━━━━━ヽ(゜∀゜)ノ━━━☆!! 

レンソイス・マラニャンセス国立公園

粉雪のような砂が敷き詰められた真っ白な砂丘と、

雨季に降り注いだ雨によって作り上げられたエメラルドグリーンのラグーン

そしてそれらの見事なまでのコントラスト

レンソイス・マラニャンセス国立公園

もし、2~3万語を操ったという、シェイクスピアがこの絶景を目の当たりにしていたら、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

いったい、どんな言葉を紡ぎあわせてくれただろう

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

想像以上の光景を前に、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

そう思わずにはいられない程、どこまでも、どこまでも、レンソイスは白く、光輝いていた

レンソイス・マラニャンセス国立公園

↑ 砂丘は思いの他、超「急」斜面・・・

レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

↑ ラグーンはもちろん、泳げる程の深さ!一番深いところだと足がつかないくらいっ!

 

そんな、偶然知って一目惚れしたレンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

「絶対に行こう!d(≧▽≦*d) 」

と決意して、ついに日本の裏側までやってきたヽ(゚∀゚ )ノ

なんだかうちら、

すっごい遠くまできちゃったね・。゜;+ヾ(・∀・)ノ;+.:

 

数時間後

陽が傾き始め、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

夕陽に色づけされたレンソイスに、皆、揃いも揃って魅了され、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

夕陽に引きずり込まれそうな程の静寂の中、

レンソイス・マラニャンセス国立公園

周囲は、ただただ黙って、じーっと、日が沈むのを待っていた・・・

世界にはこんなにもすごい場所が存在してるんだ・・・

レンソイス・マラニャンセス国立公園

そんな最大級の感動を旨に秘め、たく&ぶーは帰路に着いたのであった・・・

レンソイス、ほんとにありがとう゜+.(・∀・).+゜

 

つづく