いざ、失われた世界「ロスト・ワールド」へ

カナイマ国立公園

2006年6月26日

 

昨晩、カラカス出発後、約8時間・・・

寒さ&騒音と格闘しつつ、目的地シウダーボリーバル近郊へ近づいてきたようだが、ここにきて路線バスのようにちょろちょろと停車するようになり、どこで降りるべきなのか一抹の不安を感じ始めていた( ̄へ ̄|||) ウーム

当初はシウダーボリーバル行きなんだから終点だろ、って思ってたけど、どうやらシウダーボリーバル「経由」っぽいのだ。その後も、どこに連れて行かれるのか皆目見当もつかず、ドキドキ(というかビクビク)しながら車窓から外を眺めていると、おっきな川に架かる立派な橋が見えてきた。

( ´Д`)σ「(たく)あの川、もしかしてオリノコ川ってやつじゃね???」

そう、シウダーボリーバルはオリノコ川の河岸の町なのだ。間違いない、次に停まるバスターミナルがシウダーボリーバルのはずだd(。ゝд・)

数分後、小さなバスターミナルに到着。とりあえず、ぶーを残し、バスの外に出てみると、

ヾ(*・ω・)シ「(見知らぬ外国人)アー ユー たく???」

( ゚д゚)ハッ! 「(たく)Luisさん???」

ヾ(*・ω・)シ「(見知らぬ外国人)YES!」

そう、この人こそ、今日からしばらくお世話になる、シウダーボリーバルの旅行代理店Adrenaline ExpeditionsのLuisさん。日本からメールでやりとりしてて、今日、バスターミナルで待ち合わせしていたのだd(≧▽≦*d)

というわけで、無事、シウダーボリーバル到着(冒頭写真)ヾ(*゜∀゜)八(゜Д゜*)ノヤッタ!!

Luisさんが用意してくれたタクシーに乗って、Adrenaline Expeditionsのオフィスへ向かい、そこで顔洗ったり、朝食をとった後、とりあえず、Luisさんに、

3日後、6/29 ボリビア航空、カラカス発ラパス(ボリビア)行のリコンファーム

だけお願いし、

カナイマ国立公園

カナイマ国立公園

「ロスト・ワールド(失われた世界)」として知られる、マシーソ・グアヤーネス(ギアナ高地)を目指し、空港(?セスナ機の発着場?)へと向かった(写真左)(*`・∀・)ノ))

 

ちなみに、僕らは当初、ツアー代金を安く上げるために、一般的ばシウダーボリーバルから直接カナイマまでセスナで飛ぶというツアーではなく、最寄のラ パラグア?とかいう街まで車で行って、そこからセスナ機で飛び、ガイドさんはスペイン語オンリー(←安くなる)、でもって、宿はホテルではなく、屋外ハンモック利用という内容で予約していた。

ところが、結局、人が集まらなかったのか、この日は直接カナイマぺ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

随分、適当やね、ラッキーだったけど(*´∇`*)うふ♪.*:・'゜.

カナイマ国立公園

で、こちらがそのカナイマ行きのセスナ機・・・

( ゚д゚)ポカーン…

完全に貨物船だろ、こりゃ(;¬∀¬)ハハハ…

荷物の隙間にうちら(たく&ぶー、カナダ人の男の子、パイロットの計4名)が無理やり乗り込んでるって感じ。カナイマの村人にとっては、うちらなんかより、この卵たちの方が相当大事だろうなぁ・・・(笑)お前ら落ちても、卵は死守しろ!とか言われそう・・・

でもって、激しく揺れた、一時間弱のフライト中、墜落の恐怖に怯えつつも、オンボロセスナの窓から眺めた景色は

カナイマ国立公園

どれもこれもすんばらしく、

カナイマ国立公園

最初のテーブルマウンテンが見えてきたときなんかには、もう「超」大興奮ヽ(゚∀゚ )ノ

たく&ぶーともに無言でもくもくと写真を撮り続けてました(笑)
カップルなんだからもっと話そうよ・・・(汗)

っていうか、エンジェルフォール見る前から結構お腹いっぱいなんですけどヽ(*´∀`)ノ

カナイマ国立公園

カナイマ国立公園

(写真左) 4つの滝が流れ込むカナイマ湖が見えてきたら空港はすぐそこ
(写真右) 墜落せずにカナイマ村に到着できたみたい♪

 

カナイマ国立公園

でもって、こちらががカナイマ空港・・・、かわいすぎ(´,_ゝ`)プッ(写真上)

間違いなく、今まで見た空港の中で最も小さい空港だわ(。→ˇܫˇ←。)ププッ

カナイマ国立公園

マラリア対策として個人輸入した、アメリカで軍隊向けに開発されたとか噂の虫除け薬「Ultrathon」(虫除けに威力を発揮するとかいう成分DEETとやらが34.34%も含まれてるんですって!)を塗ったくるぶー@カナイマ空港(写真上)

カナイマ国立公園

空港からカナイマ湖畔に移動後、すぐさまエンジェルフォールに向けて出発したいところだったが、あいにくのスコールに襲われた、ヽ`、ヽ`个o(・ω・。)`ヽ、`ヽ、アメダ
ちょっとおさまるまで、ハンモックで休むことになったんだけれども、なんか周りにいる旅人達みんな、めちゃくちゃ本気のバックパッカーです、って感じのオーラを出しまくってるんですけど( ノД`)怖いよ…ママンッ・・・

だって、ハンモックで漫画読む姿一つだけ見ても、いかにも激しく長期旅行者って感じを醸し出してるんですよ!うちらって場違いなんでないのっ!?( ̄□ ̄;)アセアセ.....

カナイマ国立公園

その後、無事、雨もおさまり、カナイマ湖を出発≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

これからどんなすごいところに行くんだろ?って考えると、まじでゾクゾクしてわけで♪

カナイマ国立公園

カナイマ湖にそそぐ、写真左の左からSalto Hacha、Salto Wadaima、Salto Golondrina、そして、

カナイマ国立公園

Salto Ucaima(写真上)

これらの滝の源、カラオ川には、ジャングルに生い茂る植物から出るタンニンが流れ込んだおかげで、こげ茶色を呈してることから、この辺りの原住民族ペモン人の人たちは、このカラオ川のことを”コカ・コーラ”って呼ぶんですって(・0・。) ホホ-ッ

で、そのせいかどうかは知らんけど、カナイマ湖はこげ茶&泡だらけ(*´∀`*)

カナイマ国立公園

でもって、こちらが今回のツアーのメンバーで(写真上)、

●エティエン君(一番左)
カナダ人大学生で20歳。ただいま一年間休学して世界中を旅してるだってぇ゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪しかも、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語を喋れるっていうんだから、脱帽を通り越して、脳の精密検査をしてほしいくらい・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ちなみに、エティエン君ランキングによると、1位は地元カナダ、2位はリオデジャネイロ、3位はオーストラリアらしい。町と国がごっちゃなのは気になるけど、そうは言っても、相手は旅のプロ。皆さん、素直に参考にしましょー'`ィ(´∀`∩

●エトゥー君(真ん中)
今回のツアーガイドで18歳。スペイン語ガイドって聞いてたけど、余裕で僕らより英語が達者(汗)

で、この二人よりも年上にもかかわらず、頼りない、たく&ぶー(*´∀`)「ハハハ。。。」

あと、その他に、ご飯作ってくれたり、荷物を運んでくれるスタッフが2名いて、これから3日間、この6名で行動を共にすることに。仲良くなれるかなぁ(゚Д゚;∬アワワ・・・

んで、ボートでどんどん上流に向かってカラオ川をのぼって行くと・・・

カナイマ国立公園

キタ━━━━━━(◕ฺ∀◕ฺ)━━━━━━ !!!!!

もう完全に、「非」日常世界に突入(≧▽≦)ノ

カナイマ国立公園

ウソォ━━━Σ(д゚|||ノ)ノ━━━ン!?

まじですごすぎるんだけどーっ!!!
こういうとこってテレビの取材以外でも普通に来れるんだw( ̄△ ̄;)wおおっ!

ほんっと、生きてて良かったよ。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

カナイマ国立公園

というわけで、本日のお宿、「Compamento Ahonda」到着(≧▽≦)ノ

 

んっ(@・Д・@)??

 

か、壁がありませんが!?Σ(゜Д゜lll)エッ!?

カナイマ国立公園

カナイマ国立公園

 

まぁ、覚悟はしてたけども、随分とまぁ開放的なお宿だこと(笑)

んで、今晩から2泊は、ハンモック泊(写真右)なんですけども、これがまたカビくさいのなんのって、たまりませんっΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

以前、潔癖症がウリだった、ぶーだけに大丈夫かなぁって思ったけど、案外ケロッとしてひとまず安心、よかったよかった(◕ฺ‿ฺ◕ฺ✿ฺ)(u‿ฺu✿ฺ)ウンウン

ちなみに、宿から外に目を向ければ、

カナイマ国立公園

こーんな現実離れした絶景が広がってます。゚+.Σd(。ゝω・´)グッ!

なんか普通に夢みてるみたいなんですけど・・・

 

つづく

●6/26(月)にかかった費用(1US$=115円、1US$=2,150Bs、(闇)=2,400Bs)
・エンジェルフォール2泊3日ツアー代(CBO発着、600,000Bs) 28,750円×2名

小計           57,500円 (28,750円/人)
合計           683,133円 (341,567円/人)

●3日目終了時点フライト(飛行機、ヘリコプター、セスナ機混在)回数
飛行機: 2回
ヘリコプター: 0回
セスナ機: 1回
※離発着各1回につき1回とカウント(南米は各駅停車の飛行機があるため)