良い親孝行になったはず

ボラボラ島

2008年9月22日

今日は、挙式のためにやってきた母親たちが、ここボラボラ島を離れる日。二人は、これからタヒチ島に戻り、パペーテに宿泊した後、明日の朝一番で日本に向けて帰国する。

ボラボラ島

たく&ぶーの金銭的事情で(笑)、8月10日の両家顔合わせの時しか面識の無かった二人を同じ部屋に宿泊させることになり(だって、一人部屋追加料金が10万円以上/人なんだもん・・・)、せっかくの結婚式だってのに喧嘩したらどうしよう(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なんて思っていたけど、さすがは二人とも大人なだけに、(少し危ない雰囲気もあったけど、苦笑)なんとか仲良く帰国の途に着けそう(。→ˇܫˇ←。)ププッ

ボラボラ島

ボラボラ島

そんなわけで、このめちゃくちゃ綺麗なボラボラ島をわずか二日でおさらばしなくてはいけない可哀想な母親達を見送るべく桟橋へイテキマ-ス!!Σ≡≡≡((っ`・Å・)っ ドピューン

ボラボラ島

桟橋には今日もたくさんの魚たちが餌を求めてやってきてる。そして、そんな魚たちの餌付けをしながら楽しそうにしている母親たちを遠くで見ていると、ほんとに海外挙式をしてよかったな、(そんな遠くまで親を呼ぶのは子供単なるエゴだ、なんていう人もいたけど)その辺のちょっとしたリゾートじゃなくて、思い切ってボラボラ島まで連れてきてよかったな、とつくづく感じる。

特に、うちの母親なんかは、初海外がこの超高級リゾート、ボラボラ島ときたもんだから、さぞかし思い出に残る旅行になったのではないだろうか?

もしこの日記を母親が読んだらどう思うかわからないけど、母親が元気のうちに、最高に綺麗な場所に一緒に来れたってことで、いつかくるそういう日に思う後悔の念が、少しは和らぐのではないだろうか、と考えたりもする。まぁ、これまであまりに親、というか家族を軽視し過ぎてきたんで、この程度で罪(?)を償えるとは思えないけどさ(;¬∀¬)ハハハ…

それにしても、そういうことを考える、考えなきゃいけない歳になったんだなぁ、としみじみ感じるよ、自分も親も。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

ボラボラ島

ボラボラ島

(写真左) 桟橋にてボラボラ島最後の集合写真。どうか楽しい気持ちのまま、自宅に戻ってくださいませヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

(写真右) 来た時と同じシャトルボートでホテル・ボラボラを離れる母親たちヾ(o´∀`o)ノ゜+.вау вау゜+.

さすがに、また家族みんなでボラボラ島ってのは残念ながら無理だろうけど、せめて自分がアメリカに滞在しているうちに、アメリカの国立公園巡りでも行きたいところだね。今度はちゃんと父親も呼んでさ( ´,_ゝ`)プッ

だから、どうかその日まで、元気でいてちょーだい(* ̄▽ ̄*)/^ばいばい

そんなこんなで、唐突ですが、邪魔者(爆)2名の帰国により(←上述の親想いな一面はどこへやら(;¬∀¬)ハハハ… )、いよいよぶーとのハネムーンが始まった!ヾ(≧∇≦*)/

といっても、今日はまったりデーなので、ホテル敷地内のライティティ・ラウンジにて、インターネットしたり、ブログをアップしたりしながらのんびり過ごす。

左を向けば青い海と白いビーチが横たわる、静かでそして爽やかな風の通るラウンジでのんびりネットなんかをやってると、なんだか自分がものすっごく大人になったような気になるわけで。そんな背伸び感もまた、妙に気持ちが良い(。→ˇܫˇ←。)ププッ

ボラボラ島

ボラボラ島

(写真上) 今日も食事券さまさまで、贅沢ランチ( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

アメリカに住んでるとなかなかマグロの刺身にありつくこともできないんで、ここぞとばかり、毎日マグロの刺身やらマグロのタルタル・アジアンスタイルとやらを繰り返し食べる食べる(●´)З`)))モグモグ

で、昼飯後、マティラ岬までちょっくらサイクリングでもしようとアクティビティ・センターに行ってみたところ、日本人スタッフのマミさんがいたので、明日のアクティビティについてご相談( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

たく&ぶー的に楽しそうだなぁと思ったのは(記憶が不確かなので金額は参考程度に)、

①島一周アウトリガーカヌー・セミプライベートツアー 96,000SFP(≒144,000円)

②パラセイリング 36,000CFP(≒54,000円)

特に①については、エイ&サメの餌付けに、モトゥ(珊瑚の上に浮かぶ小島)ピクニックも含まれてたくらいにして激しく魅力的。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

ただし、プライベート・ディナーのドタバタを通じてゲットした、ホテル・ボラボラからのオファー合計16,000CFP(≒24,000円)を差し引いても(結果的にプライベート・ビーチディナーができたので、オファーが4名分から2名分に変更になった)、びっくりするくらい足が出る・・・(ノд`@)アイター

どうするべか・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

すると、

゜+.(・∀・).+゜ 「(マミさん)アウトリガーカヌーツアーですけど、他にも有志を募って4名様で行くということも可能ですよ!私の方からも、日本人のお客様を中心に有志を募ってみましょうか?」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ヾ(*´∀`*)ノ゛「(たく&ぶー)よろしくお願いします!で、もし有志が集まらなかったら、アウトリガーカヌー・ツアーじゃなくて、パラセイリングの予約をお願いしまーす♪」

そりゃ、有志が現れても、差し引き32,000CFP(≒48,000円)とお値段は張るけども、得意の「せっかくだから」攻撃で、マミさんの手腕に委ねてみる('▽'*) ・・・ァハハ

頑張れ庶民!帰国後、毎日素うどんで凌げばなんとかなるさ!!!

というわけで、

ボラボラ島

ボラボラ島

ちゃりんこを借りて、まずは南、マティラ岬に向かう≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

ボラボラ島

w( ̄△ ̄;)wおおっ!

と、マティラ岬近辺の海の美しさに驚く一方で、その辺で、おっぱい出して寝ている綺麗な白人お姉さまたちにも目を奪われるΣ(゚Д゚;エーッ!

さ、さすがセレブ、激しくサマになってるぜ(。-`ω´-)ンー

といっても、じーっと見てると、もちろん変態すぎるし、何よりも、ぶーにこっぴどく怒られるので、白人お姉さまに後ろ髪を引かれつつも、手持ちの地図にある見晴台とやらを探すべく、ビーチを後にする-=≡ヘ(*・ω・)ノダッシュ!

が、

見晴台の多くは、そもそも私有地にあるものらしく、今現在、見晴らしのいい所まで登ることはできないっぽい。そうとは知らず、何食わぬ顔して登ろうとしたら、そこ飼い犬に追っかけられて、超ビビッたし( ̄□ ̄;)アセアセ.....

ま、それでも、

ボラボラ島

この辺の海の色は、ホテル・ボラボラの廻りとはまたちょっと違った鮮やかさで、見晴台から見なくたって十分に一見の価値あり゜+.(・∀・).+゜

ちなみに、遠くに見えるトンガリ帽子のリゾートはソフィテル・モトゥ・ボラボラ(写真上)

ボラボラ島

ボラボラ島

途中休み休みしながらも、ホテル・ボラボラから東に向かって、インターコンチネンタル・ル・モアナ・リゾート・ボラボラ(写真右)、マティラ岬、ノボテル、ソフィテル、クラブメッド等等を回ってみたわけだけれども、正直、サイクリング自体はそんなにオススメする程のものではないかと…。どちらかという と白人お姉さまたちをオスス・・・

(ぶー)ウルァッ((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・グハッ!!!(たく)

夕方、

ボラボラ島

今晩も馬鹿の一つ覚えのようにメインダイニングにくりだし(だって、無料だし、おいしいんだもん。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ )、有り余る食事券に物を言わしつつ、メタボなんかを気にしながら、ヒナノビールをたらふく飲んで、

ボラボラ島

満天の星空の下、バンガローのテラスで寝転び、南十字星を探して酔い覚まし(´△`)Zzzz・・・。o○

はぁ・・・

ボラボラ島

まじで、なんて優雅な毎日なんだろう・・・(✪ܫ✪)

 

つづく。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚