ついに、念願のデスバレー国立公園へ!

ラスベガス

2010年3月14日

 

ラスベガスを訪れる事、公私併せて10回目にしてよーやく、

よーやく、ラスベガス近郊の見所、

デスバレー国立公園を訪れるチャンスが到来!ヾ(*´∀`*)ノ゛

って、これまでの訪問のほとんどが仕事での訪問だったから当然と言えば当然だけど(;¬∀¬)ハハハ…

でもって、今回は、昨年も遊びに来てくれた、ぶーのお友達Mちゃんが、なんとも嬉しい事に、再び遊びに来てくれたので、一泊二日でラスベガス・リベンジ(前回訪問時はギャンブルで惨敗したそうなので・・・)&デスバレー国立公園ドライブを敢行することにしたヽ(゚∀゚ )ノ

というわけで、サンフランシスコ国際空港からラスベガスに向かい、

ラスベガス

ラスベガス

最近新しくできたばかりのホテル「Aria」にチェックイン♪ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ(写真上)

んで、新しいだけに綺麗でお洒落な客室と、お手ごろ価格にも係わらず、なかなかバラエティ豊かでおいしいAriaのバフェに満足するや否や、さっそく、Airaのカジノでいつものブラックジャックに励むっ!ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

ほんっと、昼真っからビール片手にカジノってのは最高だね(◕‿◕✿)(u‿u✿)ウンウン

ただし、

Mちゃん圧勝、たく&ぶー夫妻惨敗_| ̄|○ガクッ!!

と、結果は甘くない(o;ω;o)ウゥ・・・

 

夜8時、

ラスベガス

フリーモント・ストリート・エクスペリエンスヽ(゚∀゚ )ノ

を拝みにラスベガスのダウンタウンへ≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!(写真上)

ラスベガス

ぶーにとっては2005年以来、Mちゃんにとっては初となる、このラスベガス名物ハイテクアーケード街では、1時間毎に違った映像演出がなされ、ラスベガスサイン(冒頭写真)と並び、いかにも、ラスベガスに来たー。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

って思わせてくれるスポットなわけだが、訪れるのが面倒な割りに(今回のようにレンタカーを借りていれば別だが)、上映時間がわずか8分と短いところが玉にキズ(,,-_-)

ラスベガス

ラスベガス

(写真上) フリーモント・ストリート・エクスペリエンスの後は、ベラッジオの噴水ショーを眺めながら食事を楽しめる、Mon Ami Gabiにてお洒落にディナー( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

その後、Ariaに戻って再びブラックジャックに勤しむこと1時間程度で、

ぶーのまさかの大勝ちっ!!Σ(゚ロ゚屮)屮ぉお!!

が炸裂し、昼間の惨敗から我が家の家計が守られましたとさ(;¬∀¬)ハハハ…

ちなみに、Mちゃんは飄々と着実に勝ちを重ねて、難なく勝利w( ̄△ ̄;)wおおっ!

Mちゃんはなんだかかなり強い星の下に生まれてる子な気がするわ、ほんと。

 

そんなわけで、翌、

2010年3月15日

ブラックジャックに後ろ髪引かれながらも、しぶしぶ客室に戻って3時間程度睡眠をとった後、レンタカーで2時間程走れば、

デスバレー国立公園

デスバレー国立公園

デスバレー国立公園に到着ヾ(*´∀`*)ノ゛(写真上)

ここデスバレー国立公園は、西半球で最も低い土地として知られていて(ちなみに、地表面最低地点は、2008年大晦日に訪れた、海抜-418mを誇る「死海」)、真夏には最高気温が50度にも達するような灼熱地獄の、文字通り「死の谷」だ(・0・。) ホホ-ッ

なので、ここを訪れるにも、夏期を避ける等、時期を選ぶ必要があり、なかなかやってくるチャンスが回って来なかっただけに、期待もかなーり高まってくる゜+.(・∀・).+゜

でもってさっそく、本日最初の見所、「ダンテスビュー」へ。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

デスバレー国立公園

w( ̄△ ̄;)wおおっ!

標高1600mを超える高台から見下ろすデスバレー(。→ˇܫˇ←。)ププッ

超、油断してたけど、

デスバレー国立公園

こりゃ、なかなか良いよっ!絶景じゃんかっ!!!ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

デスバレー国立公園

デスバレー国立公園

(写真上) ダンテスビューから見下ろす、白い大平原は、デスバレーでも最も低い地点「バッドウォーター」(・0・。) ホホ-ッ

デスバレー国立公園

デスバレー国立公園

(写真上) ダンテスビューからカリフォルニア州道190号線に戻り、西へ進むと、ガイドブック曰く、黄金色の山ひだ「ザブリスキーポイント」が見えてくる。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

まぁ、綺麗ではあるけども、

デスバレー国立公園

さすがに、黄金色は、少々大袈裟だわな・・・、黄色くらいにしとけば良かったのに・・・(;¬∀¬)ハハハ…(写真上)

その後、公園の中心、「ファーニスクリーク」のビジターセンターで情報収集した後、南下すること30分で、先ほどダンテスビューから見下ろすことができた、

デスバレー国立公園

海抜マイナス85.5mを誇る西半球最低地点、「バッドウォーター」に到着ヾ(*´∀`*)ノ゛

その昔、ここバッドウォーターは塩水湖だったらしく、

デスバレー国立公園

地表面を繊細な塩の結晶を彩り(写真上)、

デスバレー国立公園

デスバレー国立公園

死海でも見たような塩塊や(写真左)、ウユニ塩湖同様、自然に形成された大きな多角形に水を湛える様(写真右)、

そして、ふと視線を上げれば、

デスバレー国立公園

ダンテスビューから見た光景とはまったく趣の異なる大塩原が広がっていたヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

デスバレー国立公園

天気も良いし、ダンテスビューもバッドウォーターもなかなかの絶景だったし、デスバレーったらかなり頑張ってるんじゃないのさ(。→ˇܫˇ←。)ププッ

と、思ったのも束の間、続く、緑、ピンク等といった絵の具のように色鮮やかな鉱物が露出した岩肌「アーティスツパレット」や、ファーニスクリークから20km程わざわざ北上して訪れた、

デスバレー国立公園

砂丘なんかは、もうなんとも惰性的観光地であり、高ぶりつつあった気持ちも急降下↓(写真上)

まぁ、特に砂丘系は、レンソイスはじめ、ホワイトサンズ国定公園にサハラ砂漠、そしてグレートサンドデューンズ国立公園と、これまでなかなかの砂系絶景を見てきた事もあって、砂丘+αが無いと、どうも物足りない('▽'*) ・・・ァハハ

ちなみに、本当はここからさらに足を伸ばして、ムービングロックで有名な「レーストラック」に行ってみたかったのだが(ここは結構すごそう)、いかんせん、砂丘からさらに50、60kmは離れてる雰囲気なので、あえなく断念。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

ってか、砂丘のあるこの奥地からさらに50km以上って、一体どんだけ広いんだよ、この公園は・・・と思って、あとでガイドブックを見てみたところ、なんとここデスバレー国立公園は、あの激しく広大だったイエローストーン国立公園を上回る程広大で、米国最大の国立公園だったらしいっ!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?(≒福島県とほぼ同じ面積)

そんなわけで、終盤は若干がっかりだったものの、再び睡魔と格闘しながらラスベガスのマッカラン国際空港にて車を返し、サンノゼの我が家に帰った翌朝、

デスバレー国立公園

デスバレー国立公園

激しく名残惜しいものの、Mちゃんを見送りにサンフランシスコ国際空港に向うと、なんと、国際線ターミナル内で、あのイケメンで有名な、サンフランシスコのニューサム市長が演説中ではないですか!?Σ(゚ロ゚屮)屮ぉお!!(写真左)

おいおい、最近は随分とまぁ政治家系に出会うな、オバマ大統領に安倍 晋三に・・・

というわけで、Mちゃん、どうかまた懲りずに遊びに来てくださいませ。でもって、今度はやっぱり、前回のようなキャンプをしよー(◕‿◕✿)(u‿u✿)ウンウン

 

おしまい